このブログを検索

2018年4月29日日曜日

唐組 「吸血姫」

唐組の「吸血姫」に行って参りましたー!
東京でもう一度行けそうでございます。
大阪は明日で終わり。
だからぜひ観に行ってくださいませ。
ぜひね。
本当にぜひね。
とにかくぜひね。
本当に本当に、ぜひともね。


作=唐十郎
演出=久保井研+唐十郎
お世話の都・上野の森を超え、
黄金の荒野・満州を目指せ!
青春、愛、挫折、希望……
2018年の紅テントに”お世話の都”が立ち上がる。

出演
久保井研、藤井由紀、岡田悟一、清水航平、福本雄樹、河井裕一朗、福原由加里、大澤宝弘、加藤野
★ 全原徳和、大鶴佐助、大鶴美仁音、大嶋丈仁、藤森宗
銀粉蝶

[公演場所・公演日程]※週によって公演曜日が異なりますのでご注意下さいませ。
●大阪=南天満公園
(地下鉄谷町線「天満橋」駅より10分、堺筋線「北浜」駅より12分、JR東西線「大阪天満宮」駅より10分)
4月27日(金)28日(土)29日(日)
問合せ=TRASH2 ☎︎090-8168-5353
trash2dream0726@yahoo.co.jp
●東京=新宿・花園神社
(「新宿」駅・地下鉄「新宿三丁目」駅下車)
5月5日(土)6日(日)/11日(金)12日(土)13日(日)
6月2日(土)3日(日)/8日(金)9日(土)10日(日)
●東京=雑司ヶ谷・鬼子母神
(「池袋」駅・都電荒川線「鬼子母神前」駅・副都心線「雑司が谷」駅下車)
5月19日(土)20日(日)/5月25日(金)26日(土)27日(日)
●長野=長野市城山公園 ふれあい広場
6月16日(土)17日(日)
問合せ=ISHIKAWA地域文化企画室 ☎︎026-217-0608
チケット取扱所=elan-dor、ガレリア表参道、犀の角、ながの東急、ナノグラフィカ、ネオンホール、和光照明
●静岡=駿府城公園 富士見広場
(JR「静岡」駅北口より徒歩15分、県庁裏の二之丸橋を渡り左手。坤櫓(ひつじさるやぐら)前)
6月22日(金)23(土)
問合せ=紅テント静岡公演を応援する会 ☎︎090-3697-9044
チケット取扱所=TSUTAYAすみや本店、サールナートホール、水曜文庫

開演時間 毎夕7時(6時30分開場)
入場料  前売券=3,500円/当日券=3,600円
     学生券=3,000円(劇団でのみ販売)※当日受付で学生証をご提示下さい。

 ※入場整理券(前売券と引き換え)及び当日券は、午後2時より受付にて発行致します。
 ※独立した幼児以外の幼児は入場をご遠慮下さい。

チケット問合せ=唐組・チケットぴあ・イープラス
チケット取扱所=唐組☎︎03-3330-8118
                        チケットぴあ http://pia.jp/t ☎︎0570-02-9999
                          Pコード  大阪 485−057
               東京 484−946
               長野   485−198
               静岡 485-198
          イープラス   http://eplus.jp/karagumi/(パソコン&携帯) 
                        シバイエンジン

その他問合せ=唐組☎︎/FAX  03-3330-8118
                    (緊急連絡先 090-4675-8033)

[前売開始]
     大阪 3月11日(日)
     東京 3月4日(日)
     長野 4月15日(日)
     静岡 4月15日(日)

[スタッフ]
劇中歌/作曲=小室等、安保由夫、サトウ ユウスケ
絵=高畠華宵(「馬賊の唄」より)
画像提供=弥生美術館
宣伝美術=及部克人
     海野温子
舞台美術=清水航平
照明=福本雄樹
衣装=藤井由紀
音響=岡田悟一

[協力]
フライングボックス
(株)ファーストビジョン
車田幸道
稲荷卓央
辻孝彦

アナ・トーク学院のお稽古

鈴木美智子さんが教えてらっしゃるアナ・トーク学院でお稽古がございまして。
子どもたちが朗読いたします。
小学生から大学生まで、いろんな年齢の子どもたちでございます。


「少年と鬼子母神」という短いお話でございます。
みんな美声でございます。
お話のなかで、「遠き山に日は落ちて」を少年が歌ったり、
少女が口ずさんだりいたします。
毎度毎度のことでございますが。
子どもたちが全身を使って読んでいるのを見ると、
なんだか命が輝いていると感じるわけでございます。
夕方になると聞こえてくる、お家へおかえりと促す音楽。
あれを聞くと悲しいような、切ないような、なんともいえない気持ちになりますわね。
夕暮れの病気みたいでございます。
7月1日に童謡を歌い語るそうでございますの。
こちらはチラシ。
美智子さん、目の覚めるようなピンクでございます。
パワー満載の美智子さん。
子どもたちのパワーと美智子さんのパワーが溢れておりました。



2018年4月26日木曜日

凜然グッドバイ 横浜公演の写真がー!

『凜然グッドバイ』横浜公演のお写真。
いつもnoyRでお世話になっている伊藤華織さんが!!
お写真を撮ってくださいました!
す、す、すてきー!!
ありがとうございます。
Plant Mのホームページにもアップいたしました。
そういえば、去年の雲南公演のときには齊藤学さんが撮ってくださいました。。。
みなさま、本当に、ああ、本当にありがとうございます。
たくさんアップしようとするのですが、あはーん、パソコンの限界かしら。。。
撮ってくださった時は、時生くんの場当たりの回でございましたー。
本当に感謝です!
ありがとうございますー!!
Plant M HP https://plant-m.jimdo.com/








2018年4月17日火曜日

10万年トランク

横浜凜然グッドバイを終えまして、
次の日、目が覚めましたら夕方でございました。
爆睡というやつでございます。
よく眠りました。
回復いたしました。
睡眠とは素晴らしい。

凜然グッドバイのゲストさんの男子は、楽日のお昼は渡邉時生くんでございました。
お稽古の時は、きっとハルくんの「男」とセンさんはお見合いだったのねと思いましたが、本番の時に深さが増しておりましたー!
義務や義理などで結婚したはずが、日々の生活の中でセンさんに惚れてもうたのだなぁ・・・なんて妄想いたしました。一番年下のハルくんでしたが、なんだかものすごく深くてどっしりしておりました。
ハルくんは、義務の男から、愛の男へ変化した「男」

そして最後の最後のゲストさんは瀧腰さん。
瀧腰さんは、詩人の「男」でございました。
打ち上げの時に、とみさんが、

「私ね、本番の時にはっと思ったんです。瀧腰さんの「男」は、ああ、この人も詩人だったんだって、ね、思ったんです。詩人だったから、私(セン)は一緒にいたんだって」

本番中に発見だったそうでございます。
すごい時にすごい発見だわね、とみさん。
だけどとっても納得したのでございました。
それを聞いて、瀧腰さんは自分のカバンから、

「ああ、僕、宮沢賢治を読んでいて、ああ、僕、宮沢賢治で、あの、ええ、くす・・・」

と、笑っておいででございました。
なんともチャーミングな方でございます。
興味がつきません。
そんな瀧腰さんを見て、ワタクシ、思いつきました。
今度、横浜で凜然を再演するときは、ぜひともゲストさん8名の俳優さんが全員出演するお芝居をひとつ創ろうかと。
凜然と2本立てで公演したらいいなぁと。ちょっとしたスピンオフのように。
嫁、あるいは彼女、あるいは情婦をそれぞれ故郷に残し、
旅立つ男8人が宇宙ステーションの駅のホームでダベる、というお芝居。

なんてことを言うと、瀧腰さんが、

「あ、では、そのお芝居の構想はどんなものですか?」

いや、瀧腰さん、今思いついただけだからすぐに構想は無理です。
絶妙にチャーミングな方です。
いつかゲストさん8名芝居ができるようにー!!

さてさて。
スピンオフつながりで。
6月から西藤くんの全国ツアーが始まるそうですわ。


詳細はハタチ族のホームページへ。http://20zoku.jp/?p=5522
これから場所や日時、時間の詳細があがってくると思われますー!
全国の皆様、ぜひ観にきてくださいませー!
観る場所によっては、中身が変わったりすると思われます。
組み合わせ次第で何通りものお話になると思われます。
あれ、全部覚えるのか・・・
さいとーさん、がんばっ!!

2018年4月16日月曜日

凜然グッドバイ 横浜公演 最後の役者紹介 富岡英里子

『凜然グッドバイ』横浜公演が無事に終わりました。
観に来てくださった皆様、ありがとうございました。
関わってくださった皆様、WHARFの皆様、本当に感謝です!

さてさてー!
凜然グッドバイ、横浜公演の役者紹介の最後は、


とみさんこと、富岡英里子さん。
ラジオドラマで会ったのが何年前でしょうか。
4、5年は前のような・・・
一昨年は富岡プロデュースでお世話になりました。
凜然の前には、noyRの『ニーナ会議』でもご一緒しました。
かなりのおっちょこちょいですが、そんなとみさんに、

「ひぐさん、おっちょこちょいですね」

と言われます。
WHARFは1階が劇場、3階が宿泊施設となっておりますが、
わたしととみさんは1階と3階を行ったり来たりしておりました。
忘れ物が多いので、人よりも多く行ったり来たりするわけであります。
わたし同様おっちょこちょいのとみさんですが、
根性入っております。
気が強いようで、人一倍気遣いの人でございます。
挑戦の人でもあり、反省の人もであり、ポジティブでもあり、超絶ネガティブ。
これだ・・・! と思ったら頑固でもあります。
その頑固さが、わたしはかなり好きなわけでございます。
だからとみさんとお芝居をするのがとても楽しいなぁと感じるのであります。
こだわってこだわって、だけど、あ、違うなと気がついた瞬間に、
それをさらりと受け入れるのであります。
頑固でありながら柔軟というのでございましょうか。
そんで、ふんばる力がございます。
あまりにもふんばりすぎて、
自分の限界が過ぎいることも忘れてしまうくらいのふんばりでございます。
それはたぶん、実奈ちゃんも同じで。

とみさんが、
「40歳になったらまた凜然しましょう」と。
大阪公演が終わったときにも、
還暦凜然をしようかと、出口さんとののさんと言うていたことを思い出して、
そうだわ。
それがいいわ。
とみさんと実奈さんが40歳になったらまた再演しよう。
その間の10年に、
とみさんも、実奈ちゃんも、わたしにも、
きっといろんなことがあって、
それがまた積み重なって蓄積になって、新しい横浜凜然になるのだろうと思うと、
これからの10年がまた楽しみになるのでございます。


凛然グッドバイ 横浜公演

無事に終わりましたー!!
観に来てくださった皆様、
本当にありがとうございましたー!!!
ばばばばばーっとバラしての打ち上げでございます。が、少数精鋭。
本当にみなさま、感謝です。
ありがとうござます。
とりあえず、、、お風呂に入って、
明日は凛然グッドバイ、横浜公演の締めくくりに、とみさんのご紹介!

2018年4月15日日曜日

三日目が無事にー!!

三日目の「凜然グッドバイ」が無事に終わりました。
観に来てくださった皆様、本当にありがとうございますー!!
もう明日で終わっちゃう。。。
二日目が終わった時は、わー、まだ半分もあるー!
と、思っていたのですが、三日目が終わるともう明日は楽日。
ものすごく長いのに、なんだかものすごく短い。
人生みたいでございますわね。
今日のゲストさん、金田侑生さん、大間知賢哉さん、本当にありがとうございました!
金田さんは、幼馴染の「男」
大間知さんは、年下の「男」でございました。
うっかり写真を撮り忘れました・・・
あーん。
さて、明日はどんな「男」がやってくるのでしょうかー!!

明日は13時からは渡邉時生くん。
17時からは、瀧腰教寛さんです!
13時の回はあと少しお席に余裕がございます。
17時の回はあと1席で完売となります。
毎日ゲストさんは本当に楽しみでございます。


しばらく宿泊しておりましたので、WHARF近くに美味しいお店をたくさん見つけました。
こちら、まめや。
喫茶店。珈琲豆も売っております。
とにかく、とにかくですよ、とにかく・・・!
うまい珈琲が飲めます!!!
ぜひお立ち寄りくださいませー!

2018年4月14日土曜日

二日目が無事にー!

二日目の凜然が無事に終わりました。
観に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
今回は平日の木曜日と金曜日のお昼にも公演がございましたのに、
観に来てくださって本当に感謝でございますー!

WHARFに泊まって公演をしておりますと、
昨日の初日がなんだかものすごく昔のように思えます。
不思議な感覚でございます。
二日目になりまして振り返りますと、
仕込みと昨日の初日は怒涛であったのだなぁと今ごろ実感いたしました。
と、いうのも。
夜公演が終わった今日、

ゲストの日髙さんとこんな写真が撮れる余裕が出てまいりました。
昨日は初日打ち上げもなにもかも終わったあとに、

「はっ! 写真!?」とやっとこさ気がつくくらいの怒涛だったのですわね。

初日はゲストきしもんの「男」はサポートする男。
2回目の橋本さんは戦士の男。
3回目の丸ちゃんは世界最弱の男。
4回目の日髙さんは愛の男。
今日で半分過ぎました!
折り返しでございますー!!
14日の14時、19時30分、15日の13時はまだ少しお席に余裕がございますが、
楽日の15日の17時が埋まってしまいそうですのでどうぞお早めにー!

2018年4月13日金曜日

初日が無事に開けましたー!!

『凜然グッドバイ』横浜公演の初日が無事にあけましたとさー!!
観に来てくださった皆様、ありがとうございます!
ゲストの岸本くん、橋本さん、素敵「男」をありがとうございましたー!!
ああ、みなさんに感謝でございます!!

WHARFで公演する際は、
WHARFに宿泊するにかぎります。
朝がなんて楽チンなのでございましょう!!
さてさて、
初日乾杯も楽しくすませましたのに。。。
その写真をうっかりすっかり忘れてしまいましたわ。。。。。
と、ワタクシが言いましたところ。

「撮りましょ。今、撮りましょ」

ゲストの橋本さんから的確なお言葉をいただきました。
そうよね! 今撮ればいいんだわ!!
みんなものっそ、解散したあとだけれど!!

 

というわけで、撮りました。
さらに橋本さんから素敵な写真をさらにもらいました。


実奈ちゃんと、とみさんのツーショット。

 
そして凜然とWHARFのご紹介写真。

そして、なぜだかデカビタを宣伝する実奈ちゃん。
え、なにこれ。
さてー!!
明日も気張りますー!!
明日は14時の回のゲストは丸山くん。
19時30分からは日髙さん。
これまたどちらもワクワクする「男」たちでございます。
明日はどちらもまだ少しお席に余裕がございますので、ぜひ観に来てくださいませー!

2018年4月12日木曜日

凜然グッドバイ横浜公演の仕込みが無事にー! 残席状況もどうぞー!

無事に仕込みが終わりましてございますー!!
今回の受付はこちらのガラス扉からお入りくださいませー!!


この扉を開けると、青いランプが迎えてくれますー。


そして、細い通路を歩きますー。


今回は遅れたお客様は、反対側の鉄の扉からお入りいただきます。
ご案内がございますので、ああ、遅れちったなぁとなりましたら、
ガラス扉ではない反対の鉄扉からお願いいたしますー!!

ゲネ風景はこちらー!



残席状況でーす。
12日14時残席1席/19時30分△
13日14時◯/19時30分△
14日14時◯/19時30分◯
15日13時◎/17時◎

2018年4月11日水曜日

役者紹介 ゲストさん 丸山英彦さん

今日が最終お稽古ですー!!!
明日は仕込みでございますー!!
明後日はもう本番ですー!!!

「凜然グッドバイ」横浜公演


 
あらすじ
はるか未来。窓から見える空にはもう誰も住んでいないだろう地球が見えるくらい、 未来のこと。
デモはある朝、恩師である「セン」の死を知った。
知らせが来たのではない。
いま、ひとりの詩人がこの世から消えた、と感じたのだ。
恩師である「セン」に別れを言いに、デモは雨の中やってきた。
人間らしくなかった「デモ」を、ひとりの人間にしてくれたのは「セン」だった。
獣のような少女と、自分の可能性に絶望した詩人の、 センとデモの二人の女性の成長の物語。
 
出演
デモ 大木実奈(noyR
セン 富岡英里子(88生まれの女たち)
男 (日替わりゲスト)
 
日時 2018年  12日木曜日14時 岸本昌也
                19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants
 
13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)
                  19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
 
14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.
                  19時30分 大間知賢哉
 
15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)
                  17時 瀧腰教寛
 
場所 若葉町WHARF
 
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!!
平日昼間割2000
前売り3000
当日3500
予約フォーム シバイエンジン
 
高校生以下前売り当日ともに500円(高校生チケットのみ、plant.miyu@gmail.comまで。お名前、観劇日時、人数を記入してください)
 
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。

さて。
最後のお稽古のゲストさんはデス電の丸ちゃん!!!
なんとお稽古が弾んで、写真をうっかり撮り忘れてしまい、
仕方がないので、丸ちゃんにラインで「写真を自撮りして送ってー」と、
伝えましたところ。 。。
なぜだ。
なぜこの写真なのだ。
丸ちゃん・・・

でもこれしかないから・・・
丸ちゃんの男でございますが・・・!!
全く新しい男登場でございます。
センとデモで乱闘しているとみさんと実奈ちゃんが笑いを堪える。

「いや、俺、真剣ですよ。ちょけたわけじゃないです」

いいんです。
丸ちゃん。それがいいんです。
大阪からお手伝いに来てくれた都さんが、

「やっぱ丸ちゃんやなぁ」と感心。

はい! ワタクシもそう思うます!!
ブラボーですわ!!!
ゲストさんのいろんな男が観られるのが大変楽しゅうございます。
ぶれない丸ちゃんを観たい方はぜひ、13日の14時の回をどうぞー!!

2018年4月9日月曜日

役者紹介 ゲストさん 日髙啓介さん

本日は午前中からの稽古でございますー。
ゲストさんは、FUKAIPRODUSE羽衣の日髙啓介さん。


ゲスト男子最年長さんでございます。
と、いうても、ちょっとお兄さんですがワタクシとほぼ同世代でございます。
不思議なもんで、なぜだか、ああ、同じ匂いがする・・・と感じたのであります。
これもきっと何かのご縁だわぁ。

さて、お稽古が始まりまして。
日髙さんの男は、とても殺気立っております。
初めは、「緊張感」という言葉を選んだけれど、
なんだか少し違うと思って。
ああ、そうだ。
緊張ではなくて、殺気立っているんだと気がつきました。
センとデモが暮らす土地は、きっと殺伐としていて、
そこを歩いてきた男はきっとこうやって殺気立っているんだなと。
苛立っているわけでもない、怖がっているわけでもない、
生命の危機を感じての、殺気。
生き延びようとする殺気。
男の生命力がしっかり見えたのでございます。
きっとそれは日髙さん自身の生命力と蓄積なんだろうと思うのであります。
そしてまた妄想を。
センさんより年上の男は、二回目の結婚だったのかなぁ。。。
一回目は大人しい奥さんだったのかなぁ。。。
二回目は自分と同じような激しい女の人を選んだけれど、
ちょっと俺よりも激しすぎるぞ、と。
思ったんじゃないだろうか。

渋い日髙さんの男が観たいかたはぜひ13日の19時30分の回をどうぞー!


「凜然グッドバイ」横浜公演


あらすじ
はるか未来。窓から見える空にはもう誰も住んでいないだろう地球が見えるくらい、 未来のこと。
デモはある朝、恩師である「セン」の死を知った。
知らせが来たのではない。
いま、ひとりの詩人がこの世から消えた、と感じたのだ。
恩師である「セン」に別れを言いに、デモは雨の中やってきた。
人間らしくなかった「デモ」を、ひとりの人間にしてくれたのは「セン」だった。
獣のような少女と、自分の可能性に絶望した詩人の、 センとデモの二人の女性の成長の物語。
 
出演
デモ 大木実奈(noyR
セン 富岡英里子(88生まれの女たち)
男 (日替わりゲスト)
 
日時 2018年  12日木曜日14時 岸本昌也
      19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants
 
13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)
                   19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
 
14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.
                   19時30分 大間知賢哉
 
15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)
                   17時 瀧腰教寛
 
場所 若葉町WHARF
 
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!!
平日昼間割2000
前売り3000
当日3500
予約フォーム シバイエンジン
 
高校生以下前売り当日ともに500円(高校生チケットのみ、plant.miyu@gmail.comまで。お名前、観劇日時、人数を記入してください)
 
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。

役者紹介 ゲストさん 渡邉時生さん

寒くなったり、なまあたたくなったりと、春は忙しいですわね。
さて、 今日のお稽古。
ゲストさんは最年少の渡邉時生さん。
はるくんと呼んでおります。
2014年の、ふりかえる はなす すすめるプロジェクトでご一緒いたしました。
彩雲リーディングで毎年リーディングしているよしざきさんの、
「浅川町5丁目1番5号」をリーディングしました。
その頃から、 はるくんは大人でございました。


司法省にお勤めの雰囲気でございます。
最年少なのに、まるで最年長の精神。
「思い」よりも、「正しさ」の男でございました。
だから司法省なのねー!
センとのやりとりは、
センはセンの正義を、男は男の正義を主張いたします。
真っ向からお互いの正義がぶつかって、平行線をたどります。
まっとうな男だから、センが少し異常にさえ見えてくるのでございます。
男が正しいと、センは伝えても伝えても伝わらないから、
そんな風に見えたりするのかしら。
センと、男の間には相容れない河が横たわるのであります。
「男」が毎回変わるとセンの背景が変わる、
というのは実感しておりましたが、
今日、ふと思ったのは「男」が毎回変わると、
センだけではなく、
娘のほうにも影響があるのだということに気がついたわけであります。
そりゃそうだわ。
「男」に育てられたのが娘なんだもの。
今日は最後のシーンの娘が、正しくあろうとしているように見えました。
正しく考えようとする自分と、正しく考えられない自分。
いつだって人間は相容れないものが自分の中に共存している、
矛盾を抱えた存在だもの。

渡邉時生さんのゲストの回は15日の日曜日、13時からでーす。


「凜然グッドバイ」横浜公演


あらすじ
はるか未来。窓から見える空にはもう誰も住んでいないだろう地球が見えるくらい、
未来のこと。
デモはある朝、恩師である「セン」の死を知った。
知らせが来たのではない。
いま、ひとりの詩人がこの世から消えた、と感じたのだ。
恩師である「セン」に別れを言いに、デモは雨の中やってきた。
人間らしくなかった「デモ」を、ひとりの人間にしてくれたのは「セン」だった。
獣のような少女と、自分の可能性に絶望した詩人の、
センとデモの二人の女性の成長の物語。
 
出演
デモ 大木実奈(noyR
セン 富岡英里子(88生まれの女たち)
男 (日替わりゲスト)
 
日時 2018年 
12日木曜日14時 岸本昌也
      19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants
 
13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)
                   19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
 
14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.
                   19時30分 大間知賢哉
 
15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)
                   17時 瀧腰教寛
 
場所 若葉町WHARF
 
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!!
平日昼間割2000
前売り3000
当日3500
予約フォーム シバイエンジン
 
高校生以下前売り当日ともに500円(高校生チケットのみ、plant.miyu@gmail.comまで。お名前、観劇日時、人数を記入してください)
 
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。

2018年4月8日日曜日

役者紹介 ゲストさん 岸本昌也さん

本日のゲストさんは岸本くん。
アカデミーの同期でございます。
Plant Mでもノイルでもお世話になっております。
先月は『祭礼』でもお世話になりました。
そして今回もお世話になります。
ありがとう。
きしもんが衣装を着まして、
こ、これは、テロリストでございましょうかっ!?

が、しかし。
お稽古が始まると、またもや想像劇場が始まりました!
テロリスト、じゃなくて・・・
・・・医者か?
センさんと医者と患者の関係から恋に落ちた、みたいな。
寄り添ってくれる男の人に見えました。
きしもんは少々何があっても動じません。
体をまるごと物語に投入する。
だから動じないのであります。
きしもんが台湾土産をくれましたー!!
なぜにワタクシが好きなものを知っているのでしょうか。
ナッツにドライフルーツ!
ありがとうございますー!!!

そして今日は音響のシュガーさん登場。
通しのあとに、スタジオへ!
お稽古をしてヘトヘトになっていることをうっかり忘れておりましたところ、
シュガーさんがお手製のカレーライスを振舞ってくださいました。

「食べてから録音しましょう」

ステキング!
そのほうが絶対効率がいいですものね。
カレーを食べると、ああ、お腹が空いていたんだなぁと実感いたしました。
煮込んでお肉とか、ああ、大変美味しゅうございました。
カレーがでてくるなんて・・・
ありがとうございます。

とみさん激写。

岸本くんのゲストの回は初日でございます!

「凜然グッドバイ」横浜公演


あらすじ
はるか未来。窓から見える空にはもう誰も住んでいないだろう地球が見えるくらい、
未来のこと。
デモはある朝、恩師である「セン」の死を知った。
知らせが来たのではない。
いま、ひとりの詩人がこの世から消えた、と感じたのだ。
恩師である「セン」に別れを言いに、デモは雨の中やってきた。
人間らしくなかった「デモ」を、ひとりの人間にしてくれたのは「セン」だった。
獣のような少女と、自分の可能性に絶望した詩人の、
センとデモの二人の女性の成長の物語。
 
出演
デモ 大木実奈(noyR
セン 富岡英里子(88生まれの女たち)
男 (日替わりゲスト)
 
日時 2018年 
12日木曜日14時 岸本昌也
      19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants
 
13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)
                   19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
 
14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.
                   19時30分 大間知賢哉
 
15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)
                   17時 瀧腰教寛
 
場所 若葉町WHARF
 
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!!
平日昼間割2000
前売り3000
当日3500
予約フォーム シバイエンジン
 
高校生以下前売り当日ともに500円(高校生チケットのみ、plant.miyu@gmail.comまで。お名前、観劇日時、人数を記入してください)
 
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。

2018年4月7日土曜日

役者紹介 ゲストさん 橋本昭博さん

春の嵐でございましたわね。
とみさんと実奈さんは本番仕様の髪になりました。
こちらとみさん。


グレーと2種類のブルーでございます。
美容院で、「地球にしてください」とオーダーしたそうで、
そんな注文は初めてだと美容師さんは驚いたことでしょう。
イイ色でございます!

こちらは実奈ちゃん。
 

豊かな黒髪が変身。
おお、初めて見る実奈ちゃんでございます。
こんなに色を抜いているのに、豊かな髪の毛なので艶があります。
さらにこの色になったので、実奈ちゃんの色の白さが際立っております。
似合いますわね。

そして本日のゲストさんは、橋本さーん!
 

シュークリームを!!!!!
ありがとうございます!!!
さ、さらに、

「ひぐちさん、今日、誕生日なんですね。すみません。急いでいたから好みのものかどうか分かりませんが・・・」

えっ。
ええっ!?
おたプレ!!?
なんてことー!!
でっ、出木杉くんだわー!!
汗を拭かせていただきます!!
ありがとうございます!!
そしてとみさんと実奈さんからは、
ワタクシが稽古するときに必須のカフェオレとナッツと栗と・・・
最近はまっているセブンイレブンの抹茶クッキーをプレゼントしてもらいました。
みなさま、本当にありがとうございます。

MoratoriumPantsの橋本昭博さんは、今度の豊橋の市民劇でもご一緒いたしますー!
一度打ち合わせをして、その時がはじめまして、でございました。
橋本さんが衣装を着ると、


あ、戦士だ!
と、思いました。
そしてお稽古を始めると、あ、やっぱり戦士だった!
またセンさんとの過去や背景がどんどん膨らんでいくのであります。
革命家夫婦だったんだな・・・
長年の付き合いとういうよりも、
きっと熱い一夜があったんだな・・・
橋本さんは演出もされるので、とみさんや実奈ちゃんの熱や空間を見て、
自分がどう存在すればいいのかを嗅ぎ取ってくれるのであります。
嗅ぎ取る。
まさにそんな感じ。
そんでもって、ちょっと危険な匂いがいたします。
だから戦士なのかしら。
セリフを言うときも、命のやりとりのように見えるのであります。
だから戦士なのね。
安全な道と、危険な道があったら、迷わず危険な道を選ぶのだろうと思うのです。
それは観ていて、とてもドキドキするのでございます。

橋本さんの出演は12日の19時30分から!!
腕を掴まれ強引にさらわれてしまいたい女子はぜひごらんください。


 「凜然グッドバイ」横浜公演

あらすじ
はるか未来。窓から見える空にはもう誰も住んでいないだろう地球が見えるくらい、
未来のこと。
デモはある朝、恩師である「セン」の死を知った。
知らせが来たのではない。
いま、ひとりの詩人がこの世から消えた、と感じたのだ。
恩師である「セン」に別れを言いに、デモは雨の中やってきた。
人間らしくなかった「デモ」を、ひとりの人間にしてくれたのは「セン」だった。
獣のような少女と、自分の可能性に絶望した詩人の、
センとデモの二人の女性の成長の物語。
 
出演
デモ 大木実奈(noyR
セン 富岡英里子(88生まれの女たち)
男 (日替わりゲスト)
 
日時 2018年 
12日木曜日14時 岸本昌也
      19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants
 
13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)
                   19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
 
14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.
                   19時30分 大間知賢哉
 
15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)
                   17時 瀧腰教寛
 
場所 若葉町WHARF
 
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!!
平日昼間割2000
前売り3000
当日3500
予約フォーム シバイエンジン
 
高校生以下前売り当日ともに500円(高校生チケットのみ、plant.miyu@gmail.comまで。お名前、観劇日時、人数を記入してください)
 
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。
  

2018年4月6日金曜日

役者紹介 ゲストさん 大間知賢哉さん

ふたたび寒くなりましたね・・・
前の日は夏日のようでしたのに。
寒くなったり暑くなったり振り回されて、
春バテなんて言葉があるそうですが、みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?

さてさて、今日のゲストさんは大間知さん。
は、箱入りの、箱入りのお菓子をいただいてしまいました・・・!
しかもチーズケーキて!
女子かぶりつき。
ああ、もう、本当に、ありがとうございます。
とみさんが、

「見習いたい、この、姿勢を見習おう」

と、つぶやいておりました。


スラリと長身でございます。
男のお衣装を着ると、おお、魔導師系でございます。
魔法陣が描けそう。
旅のパーティに魔導師大間知さんがいてくれたらものすごく安心。
周りの空気が、キラキラしているように感じます。


そしてお稽古を始めると、
ストレートにずどんと胸にきますの。
ひたむきに。
とにかく今、思っていることを全力でセンに伝える。
言葉を言ってしまって、そのあとでなんとも複雑な表情になる。
こ、これは・・・
きっとセンさんが姉さん女房なんだわ・・・と想像してしまいます。

「センはきっとこの情熱に落ちたんだと思います」

と、とみさんも妄想を繰り広げる。

舞台に登場した人が、それその人そのもの。
それ以外の誰でもない。
演じてそこにいるのではなくて、それその人そのもの。

大間知さんのひたむきさと情熱を感じて、ふとそんなことを思ったのであります。
いま、はじめてこの言葉を相手に言う。
いま、はじめてその言葉を聞く。
それをワタクシは、ファーストタイムとよく言いますが、
ゲストのみなさんは、とみさんと実奈ちゃんに本当のファーストタイムを持って来てくれるんだなぁと思うのであります。

というわけで、

「一度、全て忘れてみる」という時期に突入した実奈ちゃんととみさん。
この時期がきたら、また少し、深まるのであります。

大間知さんの回は14日の19時30分です!
心にズッキュンと、情熱とひたむきさを感じたい女子はぜひ大間知さんの回へ!



「凜然グッドバイ」横浜公演

あらすじ
はるか未来。窓から見える空にはもう誰も住んでいないだろう地球が見えるくらい、未来のこと。
デモはある朝、恩師である「セン」の死を知った。
知らせが来たのではない。
いま、ひとりの詩人がこの世から消えた、と感じたのだ。
恩師である「セン」に別れを言いに、デモは雨の中やってきた。
人間らしくなかった「デモ」を、ひとりの人間にしてくれたのは「セン」だった。
獣のような少女と、自分の可能性に絶望した詩人の、センとデモの二人の女性の成長の物語。
 
出演
デモ 大木実奈(noyR
セン 富岡英里子(88生まれの女たち)
男 (日替わりゲスト)
 
日時 
2018412日木曜日14時 岸本昌也
          19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants
 
2018413日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)
                   19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
 
2018414日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.
                   19時30分 大間知賢哉
 
2018415日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)
                   17時 瀧腰教寛
 
場所 若葉町WHARF
 
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!!
平日昼間割2000
前売り3000
当日3500
予約フォーム シバイエンジン
 
高校生以下前売り当日ともに500円(高校生チケットのみ、plant.miyu@gmail.comまで。お名前、観劇日時、人数を記入してください)
 
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。
 
作・演出/樋口ミユ
音響/佐藤こうじ(Sugar Sound
照明/横原由祐
照明操作/塚本千花
衣装/植田昇明(kasane
振り付け/仲道泰貴(ダンス01noyR)
制作協力/吉川剛史noyR) 長岡未來
チラシデザイン/岸本昌也
協力/河村都(CQ
主催 Plant M