投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

one person play

イメージ
西藤一家が木次からやってまいりました!
雲南でワタクシがお世話になっておるのです!
今回は西藤一家は出口一家とご対面いたしました。
眞子ちゃんとここたが、出会ったのでございます。








双子のようです。
ついでにいえば、大原さんと出口さんも双子のようです。
「君ヲ泣ク」の木次の長女と、大阪風組長女でございます。
大原親子と出口親子が楽しく遊び倒しているころ、
(※一緒に遊んでくれた坂口さんが幼稚園の引率の先生のようだったと聞いております)
ワタクシと西藤くんは『one person play』のお稽古をぶっ通しでやっておりました。


11月に中国、四国ツアーをするのだそうです。
本当にひとりで回るので、完全にひとりで出来るようにバージョンアップ!
パイプ椅子はたぶんどこの会場にもあるだろうから、
西藤くんが持ち歩くのは、
投光器ひとつ、ヘルメットひとつ、マスク、ホイッスル、カンコーヒー、それだけ。
本当にどこでも劇場でございます。
広くても、狭くても、倉庫でも、ロビーでも、部屋でも、屋上でも、
本当にどこでも劇場でございます。
中国、四国のみなさまぜひ観にきてくださいませ。
そしていずれ大阪でも上演いたします!

西藤将人の、どこでも劇場中四国ツアー
『one person play』 作・演出 樋口ミユ
出演 西藤将人

http://20zoku.jp/?p=4703

「劇団ハタチ族 西藤将人の、どこでも劇場中四国ツアー2016」

イメージ
「劇団ハタチ族西藤将人の、どこでも劇場中四国ツアー2016」のお知らせでーす。
西藤くんがたくさんいろんなところで公演をいたします。 各地域のみなさま、ぜひ観に来てくださいませー!
『one person play』
作・演出 樋口ミユ 出演 西藤将人
「ハロー、ハロー」 呼びかけるのは男の声。 どこから聞こえているのか、誰に向かって呼びかけているのかも分からない。 どんな男なのかも分からない。分かることはただ、『男』ということだけ。 「ハロー、ハロー」 世界はまだ終わっちゃいない。





岡山公演
日時 2016年11月9日(水) 19:00start ※開場は開演の30分前
会場 城下地下広場

チケット発売しております。『荒地に立つ』

イメージ
地震が多くてドキリといたします。
知り合いのご実家が鳥取だったりしてドキリといたします。
大事なくてほっとして。
島根も揺れたそうで、大原さんにラインをしてほっとして。

富岡さんと舞台監督の谷原さんと打ち合わせ。
去年から富岡さんが思っていることをたくさんお茶しながら聞いて、
「たまことねおんという登場人物が出てくるんです」と、脳内のことを聞いて、
いろんなことを聞いて、それを栄養にして『荒地に立つ』という本を書きました。
たぶん、富岡さんは「言葉」にビリビリ感電する人なんじゃないかしら、と思いますの。
言葉に敏感で、言葉から逃れようとしているのに俳優をしているという。
なんの装備もなしにサバイバルをしているような女子でございます。
見た目はそんなふうには見えないのに、骨太な女子でございます。

「わたし、せっかちの前のめりなので、行き過ぎていたら教えてください!」

と、おっしゃるのですが、ワタクシも全く同じでございますので、
2人そろって止まらない、という感じでございます。
そういうわけで、スタッフさんたちとの打ち合わせは、
女子2人がグイグイするという。
自らを女子と呼べる年齢ではございませんが、おほほ。
チケット発売しております。
みなさま、ぜひとも観に来てくださいませ。

公演詳細
第二回富岡英里子プロデュース公演

 『荒地に立つ』

@プロト・シアター(高田馬場)

2016年11月18日(金)★14時 / 19時
       19日(土)14時/19時
                 20日(日)13時/18時

チケット   早割/2500円 前売/2800円      当日/3000円
               ★平日マチネ割/2500円 
      学割(高校生以下)/500円

チケット発売日    10月18日(火)開始
ご予約は下記をクリック
チケット予約フォーム

出演者
久保井研 (劇団唐組)
丸山英彦 (デス電所)
岸本昌也
古木将也(20歳の国)
日下部一郎(エビス大黒舎)
富岡英里子

スタッフ
舞台監督 谷原広哉
音響 佐藤こうじ
照明 横原由祐 
照明操作 河内哲…

12月の公演、演劇ユニットnoyR vol.5 『To Be or Not To Be −ハムレットより−』本日からチケット発売です

イメージ
演劇ユニットnoyR vol.5
『To Be or Not To Be −ハムレットより−』
誰も生れを選ぶことはできない―― シェイクスピア四大悲劇のひとつ『ハムレット』。
青年の苦悩と決意、そして行動を描き世界中で愛され、 演じ継がれてきた戯曲を元に、 今回は中野区に建つ築93年の古民家で起きた、 ある家族の悲劇的な“選択”の物語として描く。
〇日時=2016年12月17日[土]~21日[水]
 ・12月17日[土]19:00
 ・12月18日[日]14:00/19:00
 ・12月19日[月]14:00/19:00
 ・12月20日[火]14:00/19:00
 ・12月21日[水]12:00/17:00
   ※昼公演と夜公演では演出が異なります。
〇会場=古民家asagoro(東京都中野区若宮3-52-5)
http://www.asagoro.com/
 最寄り駅:①西武新宿線「鷺ノ宮駅」から徒歩6分
      ②JR「阿佐ヶ谷駅」からバスで7分
○チケット料金[全席自由・日時指定]
  一般前売2,500円 当日3,000円
○チケット発売[WEB:専用フォーム]=10月20日[木]発売開始 
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=345ed52c97
 24時間受付(協力:シバイエンジン)
〇原作=ウィリアム・シェイクスピア
〇構成・演出= 樋口ミユ(Plant M)
〇出演=大木実奈、仲道泰貴/岸本昌也、本木幸世(黒テント)





アマハラ

イメージ
維新派を観に行きました。
どうしても写真を撮る気にならず、でも帰り道、振り返った風景だけは撮っておいた。
太陽が昇って、月が満ちて欠けて、風が吹き抜ける。
そのように。
繰り返すけれど同じ場所ではなくて、螺旋を描いてたぶん彼方まで届く。

『荒地に立つ』公演のお知らせでーす。

イメージ
『君ヲ泣ク』は無事に終了いたしました。
海さんも風さんも、過酷なお芝居でございました。
俳優さんの体力の凄さに驚かさせる公演でございました。
俳優の皆様、スタッフの皆様、 お手伝いくださった皆様、
観に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
公演写真をPlant Mのホームページにアップしております!

http://plant-m.jimdo.com/

そして11月は東京での公演がございます。
ラジオでご一緒したことがある富岡さんとお芝居をいたします。


 公演詳細

第2回富岡英里子プロデュース公演

【荒地に立つ】

作・演出 樋口ミユ

公演期間 
2016年11月18日(金)~20日(日)

会場
プロト・シアター(高田馬場)
http://homepage2.nifty.com/proto-theater/


公演日程
18日(金) 14時 19時
19日(土) 14時 19時
20日(日) 13時 18時

チケット
前売 2800円
当日 3000円
早割/平日マチネ 2500円
学割(高校生以下) 500円

チケット発売日 
早割チケット 10月10日(月)から17日(月)まで
一般チケット 10月18日(火)開始

専用予約ウェブフォーム(こりっち)
https://ticket.corich.jp/apply/76671/


出演者
久保井研 (劇団唐組)
丸山英彦 (デス電所)
岸本昌也
古木将也(20歳の国)
日下部一郎(エビス大黒舎)
富岡英里子


スタッフ
舞台監督 谷原広哉
音響 佐藤こうじ
照明 横原由祐 
照明操作 河内哲二郎
映像 吉川マッハスペシャル
チラシデザイン 岸本昌也
チラシ写真撮影 奥田裕介
プロデューサー 富岡英里子

協力
劇団唐組 SugarSound デス電所 20歳の国 株式会社エビス大黒舎 S-CASE S-BOX 長岡未來 ㈲ワンダー・プロダクション





大阪、東京、仙台の旅がー!!

イメージ
全て無事に終了いたしました!
仙台のみなさま、
本当にありがとうございました!!
また来たいですー!!!
仙台駅前で打ち上げです。
東京からチラシデザインのきしもんも来てくれまして、そして海組のののさんも大阪から来てくれました。
今回も早めの時間でしたので、ここねさんも出席でございます。
カンパーイの時には、匿名さんの美女たちがかわるがわる、ここねさんにグラス乾杯をしてくれて、彼女はウハウハのニコニコでございました!!
大阪のcocoromiフェスからはじまって、
荒馬祭の東京、仙台と、
ながーい旅でございました。
かかわってくださった皆様、
観に来てくださった皆様、
主催の田村さん、
みなさん、本当にありがとうございました。

仙台初日がー!!!

イメージ
仙台の初日が無事にあけましたー!! 観に来てくださったみなさま、 本当に、本当にありがとうございます!!! こちらは風組さんでございます! 仙台は平日公演のために、ここねさんも現地入りでございます。彼女も風組さんですのでね。 たまに、ピンクのキノコ組さんだと言い張る時もございますが。。。 初日が無事にあけて帰り道。 三つ編みをほどいた実奈さん(ヤヌスの鏡ふう)とエリカさん(ビーバップハイスクールふう)は昭和のスケバンみたいな懐かしのソバージュになりました。 そして今日ばかりは、もうここねさんも一緒に牛タンでございます。 う、、、うまかった!!! さて、お肉も食べたし。 明日もがんばりましょー!!!
仙台公演 全日程休憩を挟み匿名劇壇「戸惑えよ」、Plant M「君ヲ泣ク」の2作連続上演。約165分を予定。場所 パトナシアター 宮城野区文化センター(仙台)http://www.livebu.com/hall/map/1670日時      10/13(木)19:00             10/14(金)14:00開場は開演の20分前、受付開始は開演30分前。料金 13日 2,500円          14日 2,000円(平日マチネ割)          高校生以下 1,500円        ※チケットは2本立て分のみの販売です。【チケットご予約】https://ticket.corich.jp/stage/ticket_apply.php?stage_id=77188


iPhoneから送信

仙台でーす!!

イメージ
はい! 仙台です! だから牛タンです! そして明後日から本番です!
荒馬祭  仙台公演 全日程休憩を挟み匿名劇壇「戸惑えよ」、Plant M「君ヲ泣ク」の2作連続上演。約165分を予定。場所 パトナシアター 宮城野区文化センター(仙台)http://www.livebu.com/hall/map/1670日時 10/13(木)〜10/14(金)      10/13(木)19:00             10/14(金)14:00開場は開演の20分前、受付開始は開演30分前。料金 13日 2,500円          14日 2,000円(平日マチネ割)          高校生以下 1,500円       ※チケットは2本立て分のみの販売です。【チケットご予約】https://ticket.corich.jp/stage/ticket_apply.php?stage_id=77188


iPhoneから送信