投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

わお!

イメージ
本日もお稽古! わお! 展開が始まったカンジがいたしますー! 明日は衣装の植田くんが来てくれはるようでござます! そしてcan tutkuでは! MANくんたちがイマジネーションの翼を広げたもよう!! 出口ここねさんが魅入っていたそうです。一歳児が魅入るって、本当に素敵なんだと思うのでございます! 明日は松原タニシひとり芝居でございます!19時30分開演です。 お時間ありましたらば、ぜひ!!

うちあわせとかうちあわせとか

イメージ
音響の金子さんと、照明の皿さん登場でございます!!皿さんはお咳が大変だそうで、 ああ、ワタクシもそうでした。。。 咳はつらい。 体力が奪われていく。。。。 稽古終わりでうちあわでございます。 あれをこうで、こんなかんじで、ああでこうで、あ、それおもしろそうですね、ほなこれがどうでこうで、と打ち合わせは転がり続けるのです。 転がると、それは面白くなるものでございます。 しかし、寒くなりましたな。 なんだか急に。 そうだわ。 もう、 外でのダメ出しはやめるとしよう。 もう、冬なんでございますわね。。。

愛媛に行きたいですー!

イメージ
もりもり稽古をしておりまして。
きっと東京では、小嶋くんたち250km圏内さんも、もりもり稽古をしていることでしょう。

愛媛で1週間ほど滞在してお稽古もするんですって。
シアターねこさん!
いいなぁ。愛媛。行きたいなぁ。
本番を観に行こうかしらと思ったけれど、
あら、まぁ。
女性芸術劇場の本番とばっちりがっつりかぶっております。
い、行けない・・・・・・・!

四国の皆様、お時間ございましたらぜひシアターねこへ!



250km圏内 第4回公演 『Love&Peace』 愛を、語る。
250km圏内が、11月に愛媛県松山市に1週間の短期留学して創作する新作『Love&Peace』を、松山と東京で上演します。 「観客に学ぶ」をコンセプトに愛媛県松山市に1週間滞在し、 1.集中できる環境での創作、 2.地元演劇人を対象としたワークショップの実施、 3.演劇作品の上演、を行います。
テキスト 樋口ミユ 演出 小嶋一郎 共同創作・出演 黒田真史、宮尾昌宏、桐澤千晶
ドラマトゥルグ 高田斉 照明 矢口友朗
主催 250km 圏内  共催(松山公演) NPO法人シアターネットワークえひめ、シアターねこ 協力 Plant M、プリズマン、芦川事務所、劇団ステッキ
松山公演会場 シアターねこ http://theaterneco.main.jp/ 2014年11月15日(土)14:00開演/19:00開演 16日(日)14:00開演

岡部さんからー!!

イメージ
『その続き』を書いてくれはった岡部さんからー!! 稽古場に差し入れをいただきましたー! きあー!! すてきなお心遣いでございます!! すごいなあ。大人の女性やなあ。 おいしくいただきました。 見ただけで、絶対おいしいやろうと 分かる、おかきとゴーフレット! ありがとござます! ふふ。 おかきを家に帰ってからも食べました。 毎日稽古終わりは腹ヘリグーでございますので、むしゃむしゃ食べてしまいました。ふふ。 お稽古は後半戦に入りました。 ここからが、踏ん張りどきなのです!

この季節は洋服迷子になるだろう

イメージ
難しい季節でございますわね。
長袖なんだろうが、一枚上に、どんな上着を着ればいいのか迷うのがこの季節。
10月真中ごろに、ユニクロの薄手のダウンを稽古に着ていくと、
未來さんに、

「それは早すぎます。冬に何を着るつもりですか」

と突っ込まれてございますよ。
甘くみていたら帰り道は寒い。
ああ、洋服迷子。
毎年毎年、同じ失敗を繰り返す洋服迷子。

昨日の夜はののさんのBarに行きましてよ。
薄着だったことを後悔いたしましてよ。
空えきのいづみちゃんがいて、そして結城姉妹もいらっしゃいました。
ののさんは先週まで三重で太陽族の公演があったというのに、
次の日にはBarを開店する。

「いやー、疲れてるわー」

と、言いながらBarを開店する。
どうか倒れませんように。
帰り道に、TUTAYAにDVDを返しにいくと、定員さんが袋の中身を確認した際、

「お客様、こちらは・・・・・・」


ここねさんのおもちゃの数字の3が入っておりました。
最近の遊びは、袋に何かを入れるというのが流行っております。

ここねさんの顔をじっと見ておりますとね、
何かに似てるなと思うのでございますよ。
そう、動物。
仔馬や、ゾウや、犬や、動物の目とまったく同じなんでございますね。
子どもの目というものは。
濡れて真っ黒。
いつから人間の目になるんだろうか。
嘘をつかない人間の黒目は大きい、と昔聞いたことがある。
まだ嘘を知らないんだろうか。
でも、けっこうもうすでにごまかしたり、知らないふりしたりするのを覚えはじめたりしてる。
人間と嘘。
嘘ってものをちょっと考えたくなった夜でございました。

さて、今日も稽古だすー!!!
もりもり稽古いたしますわー!!!

今年のハロウィンの仮装はもっぱらアナと雪の女王。

イメージ
ハロウィンもお稽古てございます。ホール稽古がちらほらと。 昨日と今日はホールでござます。 ひとつひとつのお話がステキングでございます。むっつも!! 豊かだなあと思います。 贅沢だなあと思います。 だから精一杯丁寧に。 真摯に。 向き合うのでございます。

土曜日ワークショップ最終日でございます。

イメージ
土曜日ワークショップの最終日でございました!
最後は短い戯曲を書いて、発表です。
それぞれの個性がキラリでございます。
一般のみなさんに向けてのワークショップはあまり経験がないのですが、
本当に楽しい講座でございました。
生徒の皆さんは、
「センセ、センセ」と呼んでくれますが、
一番勉強になったのはワタクシ自身でございました。
みなさんが先生でございますよ。
淑女の皆さんのお話は面白いんでございます。

「人生、思ったとおりにいかんわぁーあははー!」

とカラカラと大笑いでございます。
それを、まだまだ悩める30代女子たち(ああ、ワタクシも含みますわよ)が、

「さすが、さすがやわ・・・・・・」

とうなるのでございます。
周に1回で、合計4回の講座でしたが、
これから土曜日にこの講座がなくなると思うのさみしいものでございます。

いつも思うのでございます。
音楽は、生活の中に必ずある。
うれしくなったら鼻歌を歌う、口ずさむ。
おんなじように、言葉と文字が、生活の中に当たり前のようにあるといいなと思います。
遺伝子には物語を紡ぐためのものが刻み込まれているのだと、
ワタクシ信じております。
だから、誰だって、物語を紡ぐことが出来るのだと思うわけでございます。

さてさて、今度の土曜日ワークショップは、
出口弥生さんと出口ここねさんによる本の読み聞かせだそうです!
お父様、お母様がた、ぜひご参加ください。
どうやって子どもに本をよみゃいいのか、とか。
マンションだからあんまり大きい声出せないのよね、とか。
日頃、子どもとあまり会うことが出来ないお父さん、とか。
参加理由はさまざまでございます。
ぜひ、おこさんとご一緒にー!!

『子育てママ女優によるおやこで♪“声”を出して読んでみよう』
現役の舞台女優であり、かつ、
子育て中のママ女優による小さい子向け絵本の読み聞かせ講座。
≪読み聞かせ≫といっても、
ただ単に絵本を読むのではなく、声の出し方や、
顔の表情など現役俳優ならではの読み方のコツを教わります。 いつも読んでいる絵本が、読み方次第でまたちがう世界に感じることができるかも?!
ママやパパが子どもの頃に読んでいた(好きだった)絵本を持ち寄って、みんなで“声”を出して読んでみませんか。


■講師/出口弥生(俳優)1975年大阪生まれ。劇団Ugly ducklin…

はいー!おけいこー!

イメージ
初写真でございます!! 稽古が始まる直前の稽古場! チラホラと、役者さんが集まります!! 今日は視聴覚スタジオにて。 役者さんたちが自由に動き出す瞬間が ゾクゾクいたします。 まだまだチャレンジし続けますなー!! 午前中はアカデミーチームとの会議でござました。ワタクシは大阪ですのでね、LINEのビデオ電話で参加。 ははあ!便利なもんだすなあ。 大阪にいるといえば!! ナイトスクープでございます。 お稽古から帰ってふと流れているテレビを見ると、ああ、ナイトスクープ。 今日は『マットビハイクル』を見かけたので探してくれという依頼。 帰ってきたウルトラマン。 ワンダバダバのスキャットを、 子どもの頃に口ずさんでおりましたことよ。子どもの頃に好きだったウルトラマンのシリーズは、題名が思い出せないけど、男性隊員と女性隊員が合体するやつ。あれはウルトラマンなに? ウルトラマンではなかったのか。 ああ、思い出せない。 誰がご存知の方、教えてくださいませ! そして、竹山探偵は、マットビハイクルを探しだしたのでございます! す、すげいカッコいい!! あれは乗りたい!

これはノート!

イメージ
さてさて、稽古は進むよどこまでも! 役者さんたちとは ものすごい生き物でございます。 体のいろんなところを動かして、 あるいは動かさず、 敏感に、敏感に、繊細に、大胆に、 忙しいのでございます。 誰かが変化すると、それがすこーしずつ 相手に伝わって、また変化していく。 それが楽しいのでござます。 てなわけで、 稽古終わって、楽しさに、 うふうふ言いながら帰宅しますとね、 目玉ノートをもらいました!! くうー!! 素敵ノート!! ノート大好き!! パソコンあったって、 なんたってノートですよ! なんたって手書きですよ! ノートサイコー!!

よだれベアー

イメージ
今週から、女性芸術劇場のお稽古はみんなそろってのお稽古が始まりましたー!
先週までは1話ごとのお稽古でした。
今週から全員集合というわけでございます。
ある日、21歳ゆりかちゃんが、

「ひぐちさんもmonomania好きなんですねー!」

と、ワタクシのトレーナーを指しました。
モノマニアとな?

「いや、知らん」

「えー! このブランド高いですよ。フードついてるなら6000円以上はするんじゃないですか」
「いや、これはもらいもんで、しかも580円らしいが」
「えー!」
「ということは、これはパチもんか」
「えー、でもこれmonomaniaですよー」

はて?
このトレーナー。
よだれ垂らしたクマのトレーナー。
というわけで調べてみると、なるほどこれはよだれベアーというやつらしい。
が、知らん。
出口夫妻が買い物に行った時に買ったものらしい。
あんた、こーゆーのすっきゃろ?
と、いただきました。
なんとお値段580円。
西成区にある、知る人ぞ知る買い物ランド、「オンセンド」にてご購入。
どうやらパチもんではないらしい。
では、なぜ?
なぜ・・・・・・!?
なぜ580円で売られているのだmonomania!?
恐るべしオンセンド!

はい。というわけで、
今週末から始まりますcan tutkuの世界一小さなアートパレード、
初日のMANくんのドローイングの音楽隊が決定いたしました!
★10月30日(木)Art 
音楽と即興ドローイング
開演時間:19時30分
(開場は開演の1時間前)
料金:前売り1500円/当日1800円
出演:painting:MAN
    music: 大澤慧(アカネイロヒキ,swimm)
   梶谷遼平(MILKBAR)
   シラハタショウコ(白鍵と黒鍵)
   yassan

今年はギター、パーカッション、キーボード、エレキチェロとなる予定です。
音楽と絵画。
MANくんが描く風景は、音楽にのってみるみるうちに変化いたします。
MANくんのドローイングは事件みたいなものだと思うのです。



ほんのちょっとの荷物。

イメージ
みなさま。


まるで秘書風のここねさんでございます。

おう、うすら寒くなってまいりました。
咳はまだまだ長引いております。
咳外来にいくはずが、仕事が立て込んでなかなか。
ええ、なかなか時間がとれずにおりますの。

さて、
断捨離の季節です。
秋はもってこいの季節です。
ワタクシ、大好きでございます。
荷物は出来るだけ少ないほうがいい。
トランクひとつに詰め込めるだけのほうがいい。
そろそろ捨てたい季節となってまいりました。
自分のものを捨てるまえにですね、
DIVEの事務所のお掃除をいたしました。

ののさんと高安さんと棚瀬さんとともに、
事務所をキレイキレイにいたしました。
整理整頓、そして整理整頓。
整理整頓していると、
家に帰って自分の持ち物を整理整頓したくなります。
ワタクシ思うのでございますよ。
1年使わなかったものは、きっとたぶん、もう使わない。
極端すぎますでしょうか。
1年着なかった服は、きっとたぶん、もう着ない。
たくさん持ちすぎるのはよくないでございますわ。
だって、持てる手はふたつしかないんですもの。
そのうえ両手がふさがっていたら、
コケた時に防げませんでございましょ?
だから片手に持てるだけのもので生きていきたいものでございますわ。

おけいこー!!

イメージ
本日のお稽古は芳崎さんの『ホオズキ鳴らし』でございます。 ホールでのお稽古。 ありがたや、でございます。 どーんと大きな舞台で、 少女と女性が小さな命の話をする。 そーゆーの、 いいなあと、思いますの。 男性陣にお手伝いしてもらいまして、 息吹が聞こえてきますの。 稽古が終わって出口宅に帰ると、 なぜかテーブルにこんな本が!! なぜ!? たしかに私が前に買って読んだ本だが、 それがなぜ今テーブルに!? 「あ、それ、ここたがどっかからひっぱりだしてきてん」 う、上野千鶴子を!? 一歳児がひっぱりだしたの!? え、なんだろうか、この不安感。

土曜日は怒涛

土曜日は怒涛でございます。
本日の戯曲ワークショップは、詩を書いてみました!
これがもぉぉ素敵だったのでございます!
ひとりひとりの、素敵な詩が出来ました。
アイホールの土曜日ワークショップは、
お芝居をやっている人対象というよりかは、
いつもは観ているみなさん対象という感じでしょうか。
受講してくださっている生徒さんの年齢もそれぞれでございます。
それってとっても豊かで面白いのでございます。
教えてもらえることがたくさんありました。
きちんと生きている人は素敵だなぁ。
来週は最終授業でございます。
最後は短い短い戯曲を書いて発表でございます。
受講してくださっている生徒さんたちが、
ホントに楽しくて素敵な女性ばかりでございます。

そんでもって、お昼からは女性芸術劇場のお稽古でございます。
本日は、ともにょの鈴木くんの「あるおんな共産主義者の回想」と、
林くんの「ソーリャ!」でございます。
どちらも美しい女子の汗が飛び散ります。
素敵汗!!
ひたすら稽古稽古の土曜日でございます。

休み時間には、女子たちによるイケメン話が繰り広げられる。
イケメンという言葉に食いつく女子と、そうでない女子がいるのも
なかなか興味深いんでございます。
そんななか、数少ない男子をちらりと見ると、
阪神タイガースの話題で静かに盛り上がっている。
そしてなぜか私は、高校の学校の七不思議話で未來さんに爆笑される。
どの学校にもありませんか、七不思議。
ワタクシの高校はカトリックだったので、七不思議はキリスト教がらみでございました。
夜中の12時になると、校舎にあるイエスを抱いたマリア像が動きだし、
グランドを走り回るという。
そしてその後ろを、ヨセフが追いかけるという七不思議でございました。
怖いのか?
これは怖いのか?

劇団ドクトペッパズさん 『ヒュブリス』 公演のお知らせでーす。

KYOTO EXPERIMENT 2014フリンジ参加公演

劇団ドクトペッパズ
『ヒュブリス』

小説「フランケンシュタイン」をモチーフにした、フェティッシュ?フィジカルシアター/動く死体達による記憶の演劇。


【演出・出演】
劇団ドクトペッパズ
(大山晴子・古賀彰吾・島田健司・下村界)

【日時】
2014.10.17~19 (全4回)
17(金)19:00~
18(土)14:00~
18(土)19:00~
19(日)14:00~
開場は開演の30分前になります。

【場所】
人間座スタジオ
〒606-0865 京都府京都市左京区下鴨東高木町11
tel.075-721-4763
http://ningenza.com/index.php

【チケット】
前売 1800円
当日 2000円
☆学生割引 1500円

【ご予約】
dctpeppers@gmail.com
09083066928(島田)

http://www.facebook.com/dctpeppers
☆Facebookにて稽古場レポート更新中

アートパレードのチラシは三つ折りです!!

イメージ
今日は長い1日でございました。
バスで東京から大阪に戻りまして、
11時から読売新聞さんに情報宣伝にいってまいりました。
女性芸術劇場の情報宣伝でございます。
早割チケットがうれしい売れ行きだそうでございます。
みなさまぜひー観に来てくださいませー!

衣装の植田くんと打ち合わせいたしましたり、
お稽古いたしましたり、
都さんにタイムスケジュールはこうだよって、時間ないんだよーって
教えてもらいましたり、たり、たり、
はう、気が付けばお腹が減ってもう歩けませんえん。
おうちに帰ると、りくろーおじさんのチーズケーキがあるではないですか!!
3切れ食べてしまいました。。。

さてさて。
写真は、今年の世界一小さなアートパレードのチラシでございますー!


三つ折りタイプです。

cantutku世界一小さなアートパレード2014
★10月30日(木)Art
音楽と即興ドローイング
MANくんは去年もドローイングしてくださいました。
ドローイングというものがこれほど面白いとはっっ!
と、とっても好評でございましたので、今年もぜひ!
というわけでございます。
開演時間:19時30分
料金:前売り1500円/当日1800円
出演:MAN(本名・石崎万咲)
MANプロフィール 強烈なインパクトを残す色彩と複雑なテクスチャーをもつ抽象画を中心に制作する油彩画家。不安定な自己像を具現化する「紅い」作品を創り続ける。2010年より過去4回の個展を開催し、2012年にはニューヨークで開催されたアートフェア“Art Expo”にも出展。また、扇町para-diceのホール壁画をライブペイントで手掛ける。その場所の空気を全身で感じながら、独自の手法で即興ドローイングを展開する。

背中アイドル

イメージ
お稽古はですね、各チームごとなのですが本日は全員集合でございます。写真は、sun!!ちゃんが踊るところをムービーる、みなさん。 右、左が反転しないように、前からではなくて、後ろから撮るんですな。 カメラ小僧たちとアイドル、みたいな構図ですが、このアイドル、後ろから限定。

しゃちょさん

イメージ
ともにょの鈴木くんの作品『あるおんな共産主義の回想』のお稽古でござました。この作品には、通天閣のしゃちょさんがゲスト出演されます。しゃちょさん、とっても熱心に稽古に来てくださいます。今日はドーナツの差し入れ。みんないっこずつ食べても、まだあるドーナツ。 しゃちょさんは言いました。
「ちいさい子らお食べ」 ち、ちいさい子ら!!! そうです。最年少は14歳。しゃちょさんから見れば、じゅうぶん小さい子! 今回の役者さんたちは、いろーんなところからいろーんなみなさんが参加してくれてはります。 年齢もバラバラ、小劇場からや新劇からや事務所からや、それもバラバラ。 たぶんこの企画がなかったら、会わなかったかもしれないみなさんでいっぱいでございます! すすす、すげいなぁ。 こんな経験ほんまにございませんのでね、嬉しからことですー!!! 休憩が終わると、サリngさんの『アフリカの森』のお稽古開始でございます。 こちらの稽古場には最年少と最年長がおります。女子力に包まれる稽古場。 なんていい匂いのする稽古場なんだ!! と、感動しておりましたら、この爽やかな香りは通天閣しゃちょさんが残した香りでございました。 しゃちょさん、おしゃれ。。。

世界一小さなアートパレード 2014

イメージ
今年も世界一小さなアートパレードを開催いたしますー!
can tutkuが主催する、総合芸術文化祭でございます!

アートパレードのテーマは「私は旅をしている」
でございます!!
ラインナップはこちら!
芸術の!
秋でございますから!

cantutku世界一小さなアートパレード2014
★10月30日(木)Art
音楽と即興ドローイング
MANくんは去年もドローイングしてくださいました。
ドローイングというものがこれほど面白いとはっっ!
と、とっても好評でございましたので、今年もぜひ!
というわけでございます。

開演時間:19時30分
料金:前売り1500円/当日1800円
出演:MAN(本名・石崎万咲)
MANプロフィール 強烈なインパクトを残す色彩と複雑なテクスチャーをもつ抽象画を中心に制作する油彩画家。不安定な自己像を具現化する「紅い」作品を創り続ける。2010年より過去4回の個展を開催し、2012年にはニューヨークで開催されたアートフェア“Art Expo”にも出展。また、扇町para-diceのホール壁画をライブペイントで手掛ける。その場所の空気を全身で感じながら、独自の手法で即興ドローイングを展開する。

本日はソーリャソーリャソーリャソーリャ

イメージ
『ソーリャ』2回目のお稽古でございます。先週に1度振り付け担当のSun!!ちゃんにお稽古を見てもらいまして、本日、ガンガンにソーリャソーリャでございます。リネンやらオーガンジーやら、布のお名前がたくさん出てきます。ミシンを踏み踏みソーリャソーリャでございます。 すすすす、ずげいなSun!! 描いたイメージが目の前にそのまま現れましてよ!!
体を自由に操れるとは素晴らしきこと。 そうそう。先週、Sun!!ちゃんから肉じゃがをいただきまして、稽古終わってぺろりと完食いたしました。 お、お、お、美味しかったーーー!!! 冷蔵庫の中を見て料理が作れるSun!! 料理を作る人は命を創る人でございますからね。 そしてね、 だいたいね、 次に会った時にね、 肉じゃが入れてくれたタッパを返却するのが、大人でございますわよね。。。 ま、ワタクシ、本日タッパを忘れたんですがね。。。

また今週のお稽古はじまりましたー!

イメージ
今週の女性芸術劇場のお稽古がはじまりましたー! 写真をどーして取り忘れるのかしらもー。 午前中にcan tutkuでもろもろのご用事をすませます。たまごボーロを食べるここねさんは、最近、ボーロをくれるようになりました。シェアが分かるようになったのか!?  このままcanにいると、ここねさんと盛大に遊んでしまいますので、お仕事場を上島珈琲に変更しますの。 ドーンに行きますと、先週公演を終えたののあざみ嬢が受付におりました。 ワタクシ、ゲネにお邪魔させてもらいました!  ののさん演じる長女の背中にのしかかる、長女ならではのあの苦しさ、あたしは胸にキタのでございます。 あ、ワタクシ、末っ子でございますので、その気持ちになったことはまーたくございません。 が、叫べない全ての長女たちにとっては、自分たちの代弁者のように見えたと思いますの。 ああ、ワタクシのお姉様、お元気ですか。ワタクシ、好き勝手生きて極楽とんぼのちんちらぽっぽの末っ子でござます。 お姉様には、大変迷惑と苦労をかけたなあー、と思い出しました。。。 そう、そこでワタクシ、ただいまから姉になってみようかと思いますの。 ここねさんの、姉に。 なれるかしら。 やっぱり年上でも、末っ子はいつまでたっても末っ子なのかしら。

今日はお稽古おやすみ日

イメージ
女性芸術劇場のお稽古は本日お休みでございます。 今週のお稽古までの時間をうんうん言いながらパソコン向かってお仕事していた原稿を推敲、推敲、推敲。 リフレッシュにライムのロールオン。 棚瀬さんのドイツ土産でございます。 キノコを添えて。 さすがです。 パーフェクトなキノコ。 ライムのロールオンは、文字どおりコロコロのロールオンです。 いい匂い。 心斎橋にベストなカフェ発見。 東京でも大阪でもお世話になる上島珈琲。電源命でございます。 出口家のここねさんは、もうスパスパ歩きます。階段を登り、降りる。 そろそろ走り出しそう。 一歳を過ぎると意思がはっきり分かる。 うーん、すごいぞ、子ども。 大人の1ヶ月と、子どもの1ヶ月はこんなにも違うのでございますわね。 家に戻って寝顔を見てまた不思議。 もう卵巣もあって卵子もある、とな。 生まれたての子どもにも、もうある、とな。人間て、マトリョーシカみたいなものか!? ああ、不思議だ。 あたまぐるぐるでございます。

250km圏内 第4回公演 『Love&Peace』 愛を、語る。

イメージ
女性芸術劇場、土日も一日中、ぶんぶんお稽古をしております。

そして他のお芝居のご案内を。
東京と愛媛で上演されます。
9月に豊橋で上演されたのですが、それとはまた違う上演でございます。
今回は250km圏内さんの劇団で上演してくれはるそうです。ありがたや。
小嶋くんががっつりテキストがあるものをするのはなんだか珍しいなと。
どうなるのかとても楽しみ。

250km圏内 第4回公演 
『Love&Peace』 愛を、語る。

250km圏内が、11月に愛媛県松山市に1週間の短期留学して創作する新作『Love&Peace』を、松山と東京で上演します。 テキスト 樋口ミユ 演出 小嶋一郎 共同創作・出演 黒田真史、宮尾昌宏、桐澤千晶 ドラマトゥルグ 高田斉 照明 矢口友朗
主催 250km 圏内  共催(松山公演) NPO法人シアターネットワークえひめ、シアターねこ 協力 Plant M、プリズマン、芦川事務所、劇団ステッキ
松山公演会場 シアターねこ
2014年11月15日(土)14:00開演/19:00開演 16日(日)14:00開演 東京公演  Marginal Man会場 サブテレニアン
2014年11月 21日(金)19:30 22日(土)19:30 23日(日)14:00 24日(月祝)14:00 25日(火)休演日 26日(水)19:30 27日(木)19:30 28日(金)19:30 29日(土)19:30 30日(日)14:00