投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

5月9日、10日にリーディングがございます!!

イメージ
今日はお昼から金蘭会高校へ!

今年の春の高校演劇部新人研修という、
ワークショップ的なのを担当するので
その打ち合わせでございます。
夏の高校演劇講習会はこーでねーと言うんですか?劇団さんにやってくだせいとお願いに回る担当ですのなぜか。
やっと決定してホッとひと息でした。

夕方からは演出の内藤さんと、作家の清水さんと。プロデューサーの燃さんと、非戦のリーディング打ち合わせでござます。

大阪にいるときは大阪ですることをひたすらにするのです。

いっぱいたくさん

イメージ
いっぱいたくさんの日々でございます。

久々に万歳さんの事務所に行ってみたり。

ののあざみちゃんのバーの一周年のプレゼントをあげてみたり、

遠坂さんとカフェでランチしてみたり、

柿さんのアフタートークに出させて頂いたり、

ああ!写真を撮り忘れている!

唐組さんを観に行ってみたり、

ああ!また写真を撮り忘れている!

台本を改稿してみたりして、

そして明日もいっぱいなので今日は早めに眠ることにいたします。

Aftershockの第一稿

とにかく第一稿を書いて、
そしてまた改稿改稿改稿を。
重ねるわけでございます。

改稿してまったく違うコトになっていくのはよくあるけれど、

重ねてぐるっと回って、
第一稿に戻ったりすることってあるのかしら?

ヘルタースケルター

イメージ
ヘルタースケルター。
映画は行く、行かない、行く、行かない、の、花占い中。
でございます。
あ、最後の花びらは「行く」で終わったみたいでございます。

闇獣と勝手な言葉を創ってみた。
ヤミケモノ。

好物ばかりを与えていると、でっかくなって、頭から喰われてしまう、し。
エサをけちっていると、反乱を起こして頭から喰われてしまう。
闇獣になるのもあり、だろう、し。

片目をえぐって、また冒険を始める最後が、大好き。





今日はみっかめ。

イメージ
春ゼミは今日でみっかめでございます。
本日は植村純子さん(劇団衛星)
お会いするといつも笑顔をくださいます。



目標と、やるんだって断言のお話でございました!
お話の間、客席のみなさんの頭が、「うんうん、うんうん」と波打っておりました。
明日は最終日となっております。
役者の坂口さんでございます!

そして本屋で岡崎京子「ヘルタースケルター」を買う。



「Aftershock」公演のお知らせです!

公演のお知らせでーす!

まずはイロリムラにてリーディング公演をいたします!
夏の終わりなのでほんのちょっと先ですが、
日程だけでもご報告を!

『Aftershock』
作・演出 樋口ミユ

8月29日(水)、30日(木)、31日(金)

時間は全日19:30からの上演です。
料金は前売り1000円。
当日1500円。

ここでリーディングしたテキストを使って、
10月にカフェ+ギャラリーcan tutkuで公演をいたします。
10月の詳細が決まってからまたUPいたします。



『身世打鈴』

イメージ
今回の大阪での打ち合わせは、スイスホテルのロビーでございました。
は、はじめて行ったスイスホテル。
こんなに近くにあるのに、でございます。
でかい時計がロビーに。
素敵。

カフェ+ギャラリーcan tutkuで、新屋英子さんの『身世打鈴』を上演して頂けないかと
ずーっと前から考えておったのでございます!

新屋さんは、劇団関西芸術座創設メンバーでいらっしゃいます。
以前NHKでラジオドラマ「万太郎ショージ」を書かせてもらった時に
出演してくださいました。ラジオドラマを聞いた時に、うわぁ、イメージした人がそこにおる!
と思ったのを覚えております。

無理かなぁ、どうかなぁ、と思い、もうダメ元でアタックしてしまいました。
では今年の秋ごろに!と、今日の打ち合わせでホップステップでございます!
日程が確定しましたらまたご報告いたします。

これも色んな方が協力してくださってここまでお話が出来ました。
本当に感謝です。
ありがとうがいっぱいです。
ちょっとずつ。ちょっとずつ。

慌てず、騒がず、着実に。
とは、信さんの言葉。
これも思い出して、
これまたありがとうございます。
と、思ったのでございます。

ございますが多いわ、ワタクシ・・・




二日目の今日のゼミナール。

イメージ
今日は山下残さんのゼミでございました!
ワタクシ、新しいダンスを発見したしましてよ!
残さんがお話してはる間、もう釘づけでしてよ!

指の動き、まぶた、長机の下の足の動き・・・
講義をしてはるのに、
ダンス公演のようでした。
なんかスゴイもの観た・・・と思いました。
お話しているだけで流れる空気が見えるようだ、と。


写真は終わってからの交流会の様子でゴザイマス。

明日は衛星の植村さんが登場です!

本日のゼミナール

はい。本日のゼミナールは斎藤努さん(ゴーチ・ブラザーズ)
柿喰う客の制作さんでもありますの。
あっっっっっっという間の120分。劇的!
東京事情をたぁくさん盛りだくさんでございましてよ。
学生の皆様が前のめりでくいついてくださいましてよ。
詳しい内容は参加してくださった皆様の頭の中に。
為になるわねぇゼミナール。

写真を撮るのを忘れてしくってございます。

明日は山下残さんでございます。
春のゼミナールはすべての講座を通して聴くと、
ヒジョーにヒジョーに為になりましてよ。
見聞が広がりましてよ。

斎藤さん・・・南の島の男前。
ワタクシの中学校の友人の山口くんに似てるんだなぁ。
サラリーマンになってしばらくして、
「騙すような仕事は合わへんねん・・・」
と、いきなり看護師の勉強をはじめて
病院に勤め始めた山口くん。
今頃どうしているのかしら。
ワタクシのブログを見かけたら、ご連絡くださいませ。




DIVE 春季ゼミナール 劇的120分

お知らせです!DIVE 春季ゼミナール 劇的120分「関西だって役者は食べていける!!」 「このまま役者をしていて、お金をもらえるだろうか?」こういった疑問を抱いている役者の人は少なくないのではないでしょうか。演劇をはじめとする舞台芸術全体が金銭的に恵まれているわけではありませんが、役者は作家・演出家・スタッフ・制作などと比較しても、特に収入への展望が見えにくいと言われます。「役者は大成功すれば見返りが大きいから、それまではスタッフに比べると見返りが小さい」「役者は稽古時間の拘束が長いから、それを保障するのは小劇場の団体では難しい」など、いろいろな話をこれまでに聞いてきました。そうすると、東京ほど大きな市場がない関西では、役者が生活を成り立たせていくことは不可能なのでしょうか。しかし、関西でも役者やパフォーマーとして生活を成り立たせている人はいます。それは、どのように自分の持っているものを活用して、プロモーションしているのでしょうか。そのためには、どのような視点を持つ必要があるのでしょうか。そういったことを考えるきっかけに、この一連の講座がなれば幸いです。 ●講座各講座は19:30〜21:30で行われます。詳細はこちら→http://www.ocpa-dive.com/spring2012.html24日(火) 「住んでみないとわからない演劇事情」講師:斎藤努(ゴーチ・ブラザーズ)
【講師紹介】職業:Producer(舞台、イベントなど)。 所属:有限会社ゴーチ・ブラザーズ(制作部/国際事業準備室)/社団法人日本劇団協議会 国際交流委員2006年8月 Osaka Short Play Festival 2006 SUMMERにおいて海外招致担当し、台湾よりCHAI FOUND MUSIC WORKSHOPを招致する。2007年から2008年まで、精華小劇場に事務局スタッフとして勤務。2009年4月より、有限会社ゴーチ・ブラザーズに制作部/国際事業準備室として所属。主に中屋敷法仁(演出家、劇作家)のマネジメント、柿喰う客制作を担当する。25日(水) 「劇場とともに作品を創る」講師:山下残
【講師紹介】振付家・ダンサー。1970年大阪府生まれ。京都のコンテンポラリーダンス・グループ「モノクローム・サーカス」の所属ダンサーを経て、95年から自主公演を企画している。2004年…

空腹時警戒警報

お腹がすいてしましました。
もういっそ早めに家を出てしまおうかと思いましたが。
動けない。

どうして、お腹が、減るの、か、な。
でございますわねぇ。

さて、4月からアラフォー高円寺はずーっとずーっとずーっと
話し倒してまいりました。
可能性を話し倒して、
リスクを話し倒して、
昨日はひとつの決着を。
物件を探していたのでございます。
アトリエに出来るような物件。
探して探して、ひとつ魅力的なものを見つけたのでございますが。
期間が1年という。
ねぇミナサマ。
1年なんてあっという間。
でございましてよ。
初期投資するのがもったいないのでございますよ。
しかしよかとよー。
あの角度から、この角度から、しかし終着地点は、
もっとこだわって探そう。
妥協はいかんなと。

ハードはしつこくしつこく探し続けるということにして、
ソフトの計画を具体的に実行に移し始めるのでございます。

どなたか格安の良い物件をお持ちの方、ご連絡くださいませ。

柿喰う客 女体シェイクスピア002『絶頂マクベス』

イメージ
柿喰う客さん女体シェイクスピア002『絶頂マクベス』の!
アフタートークに出演いたします!


はちきれんばかりの女体が暴れまくると思われます!
皆様ぜひともアイホールへー!
ポロリはないと思います。
ワタクシは28日(土)14時のアフタートークでございます!

柿喰う客

女体シェイクスピア002『絶頂マクベス』
■原作 / W.シェイクスピア
■脚色・演出 / 中屋敷法仁
■出演 / 七味まゆ味、深谷由梨香、葉丸あすか、内田亜希子、
岡田あがさ、荻野友里、小野ゆり子、きたまり、葛木英、斎藤淳子、
佃井皆美、新良エツ子、藤沢玲花、我妻三輪子、渡邊安理

27日(金)    
28日(土)14時 
28日(土)18時 
29日(日)14時 
29日(日)18時 
30日14時 

■チケット /
S席3,300円 A席2,300円
敬老(60歳以上)3,000円 学生2,000円 高校生以下1,000円
初:初日割引(割引料金2,500円)
女:ガールズナイト(女性は割引料金2,500円/男性は割増料金5,000円)
乱:乱痴気公演(全キャストシャッフルにて上演/S席3,300円、A席2,300円)
※当日各500円増
[全席指定]

■チケット取扱 /
柿喰う客チケット申し込みフォーム→ こちらイープラスhttp://eplus.jp (PC・携帯)チケットぴあhttp://pia.jp/t/(PC・携帯)
Tel.0570-02-9999[Pコード:413-905]ローソンチケットhttp://l-tike.com(PC・携帯)
Tel.0570-084-005[Lコード:53202]righteyehttp://righteye.jp/(PC・携帯)
Tel.06-6647-8243(11:00~20:00)
■お問い合わせ /
柿喰う客 Tel.080-6601-7389 info@kaki-kuu-kyaku.comアイホール Tel.072-782-2000


夜明け

イメージ
気が付いたら夜明け。


曇り空。
ふっと気が付いたら夜明け。
ということがよくある。
寝ているわけではございませんのよ。

あまり食べずにいると体の調子がいいのと同じように。
あまり眠らずにいると体の調子がいいのです。

お知らせ。

イメージ
お知らせでございます!
明日から4日間、カフェ+ギャラリーcan tutkuのカフェ部門はお休みです。
なぜならば!
以前ブログでもご紹介いたしましたあみゅーずさんの、
お芝居の本番がおこなわれますの。

こちらでございます


あみゅーず・とらいあんぐる
プレ20thイベント その1
しゃば・ダバ・だぁ リーディング
「女と男の・Show・Oh・waaa」
構成・演出 あみゅーず・とらいあんぐる

日時 2012年4月19日(木) 19時30分
20日(金) 19時30分
21日(土) 14時 18時
22日(日) 14時
(受付・開場は開演の40分前)

料金 1500円(ワンドリンク付)

ご予約・お問い合わせ
06-6761-9315(中村まで)

001でお世話になった条あけみさんの劇団です!
オトナーなお芝居を皆様ぜひともー!

本日はチョコクロの日

上島珈琲でなく、本日はチョコクロ。
そしてパソコンの充電がなくなったら上島珈琲に移動するという二股でございます。

最近はTUTAYAのネットで在庫状況がわかるのですね。
お友達に教えてもらいました。
全く知らなかった。無知。無知。無知。ワタクシの無知め!
「ナサリン」は渋谷のTUTAYAでレンタル中!
あるのです!あるのでございます!

「知らなかったの?」
と教えてくれたお友達に冷たく言い放たれてしまいましてよ。

AI・HALL提携公演 / 非戦を選ぶ演劇人の会 in 伊丹 ピースリーディング vol.1

イメージ
石原燃さんがプロデュースされる公演のお知らせです。
ワタクシは演出助手でお手伝いいたします。
チケットご予約の方は樋口までメールいただければー!

AI・HALL提携公演 / 非戦を選ぶ演劇人の会 in 伊丹 ピースリーディング vol.1

私(わん)の村から戦争が始まる ~沖縄やんばる・高江の人々が守ろうとするもの~



作:清水弥生(燐光群) 演出:内藤裕敬(南河内万歳一座)
日時:2012年5月 9日(水)19:00
日時:2011年8月10日(木)14:00/19:00

日時:※開場は開演の30分前になります。
会場:AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)
会場:(JR伊丹駅より徒歩7分 兵庫県伊丹市伊丹2-4-1 TEL:072-782-2000)

▼出演者(五十音順)
円城寺あや、大森一広、尾崎麿基(劇団五期会)、岡村宏懇、河東けい(関西芸術座)
キタモトマサヤ(遊劇体)、栗塚 旭、千田訓子(リリパットアーミーII)、出口弥生
蟷螂 襲(PM/飛ぶ教室)、中川浩三(Zsystem)、中道裕子
はしぐちしん(コンブリ団)、橋本浩明(燐光群)、平岡秀幸(動態プロジェクト)
みやなおこ、もりのくるみ、わかぎゑふ(リリパットアーミーII)

▼ポスト・パフォーマンストーク
スペシャルゲスト:石原岳(いしはら・たけし)
沖縄県の北の果て、基地問題で揺れる沖縄県東村高江に在住するギタリスト、コンポーザー。ヘリパッドいらない住民の会会員。

▼料金(全席自由・税込)
大人1,500円/中高生1,000円/小学生以下500円

▼チケット取り扱い(前売開始日:2012年4月9日(月))

・MAIL予約 ticket-takae@hisen-engeki.com
・TEL予約 072-782-2000(AI・HALL)9:00~22:00/火曜日休館
・TEL予約 080-5498-5037(非戦を選ぶ演劇人の会)

もちろん樋口までメールくださっても予約できます!

※当日券は開演の1時間前から劇場受付で販売致します。
※チケット代は当日精算で承ります。
※車いすでご来場の方は事前のご連絡をお願い致します。
※チケットに関するお問い合わせは、080-5498-5037(石原)まで。

▼スタッフ
照明:皿袋誠路((株)PACWest) 音響:三好里美(Studio SHIN)
舞台監督:永易健介 演出助手:樋口ミユ プロデュース・制作・…

ナサリン

イメージ
あーん!でございます。
どなたか持っていらっしゃったらお借りしたいくらいです。


近くのTUTAYAを何件かまわりましたがございませんでした。
大きいTUTAYAならあるかしら。


背中が痛い。

背中が痛いのでございます。
ムチ打ちと診断されてから、一時間に一回は小休止をいれておりますが、
それでも背中が悲鳴を上げておりますわ。

11時にパソコンを立ち上げてから、
あ。
もう21時だなんて。
一日ってなんて短いのでございましょう。

来週は大阪で打ち合わせとご用事が入ったので
またもや高速バスに乗るのでございます。

大阪に戻るまでにはいくつか仕上げねばなりませんわー!

カラーライフ

今日はあんまりお天気がよろしくないですわ、と思って。
本日は家でパソコンに向かう。
といっても、もちろん人様の家でございます。
もう本当に皆様に感謝でございます。

夕方にNHKにブツを取りに行ったらPが、
「今、カラーライフの収録が終わってお疲れ様会をするので樋口さんもどうぞ」
とお誘い頂きました。
インテリア・ライフ
ボディ・ライフ
ナンバー・ライフと、
お世話になった大路さんと内田さんにご挨拶と、
それから初めてお会いする作家さんにご挨拶をいたしました。

今回はライフシリーズの第五弾「カラーライフ」
10作品堪能できる素敵なシリーズです。
皆様、ぜひぜひお聞きくださいませ!!!

【放送日】
5月14日(月)~5月18日(金) 22:45~23:00(1-5回)
5月21日(月)~5月25日(金) 22:45~23:00(6-10回)

作:
吉田小夏「一膳の赤」
鎌田順也「青空の彼方へ」
フジノサツコ「白い霧の家」
工藤千夏「桃色迷路」
蜂飼耳「茶色いカバン」
中津留章仁「灰の音(はいのね)」
大河内聡「黄身の声」
日和聡子「紫のハイヒール」
大橋秀和「黒髪の固まり」
和合亮一「緑の使者」
選曲:石原慎介
演出:江澤俊彦
技術:金子泰三 山田顕隆
音響効果:菊地亮 米本満

出演:大路恵美 内田健介
山野史人 此島愛子 倉野章子 原口健太郎
羽場睦子 吉見一豊 佐古真弓 徳永えり
二瓶鮫一 大方斐紗子 斉藤暁

あらすじ:オーディオドラマ短編競作シリーズの金字塔"ライフシリーズ"第5弾。
過去4シリーズでの執筆陣を一新し、首都圏で活躍する気鋭の劇作家6名に、第一線の詩人3名を加え、さらにパワーアップする1話完結の短編ドラマの10本シリーズ。
今回の通しモチーフは、「色」。
「赤」「青」「黄」「緑」など、10の≪色≫をモチーフに、冒険物語、ファンタジー、人情噺、コメディー、ホラー、SF、恋愛もの、などバラエティーに富んだ10の全く違う物語を、大路恵美と内田健介の二人が通しで演じていく。

料理が出来る人ってすごい。

イメージ
お天気がいい今日もお外で台本。
今のところは上島珈琲がお気に入りです。
よくも珈琲一杯であんなに粘れるのか、とか
店員さんに思われていることでしょう。

先週、餃子を食べさせていただきました。
ワタクシ、さっぱり料理は出来ませんが、
なぜだか料理がうまい人がまわりにたくさんいるのでございます。
寝るところと、ご飯にはコトかきません。
本当にありがたいことでございます。


ラーメンと餃子。
中華のお店以上に大変おいしゅうございました。

みなさま、アジとか三枚にサバけますか?
ワタクシ、まったく無理でございます。

桃源郷

イメージ
目が覚めたら桃源郷にいました。
桃の精と白いお髭の仙人がいました。
菜の花でご飯を作ってくださって、
桃のおやつをくれました。

桃源郷って、本当にあるんだなぁとぼんやり思いました。
桃の木ってまるで木の頂上だけが地面から突き出しているようです。

桃の実は食べちゃいけないよと仙人に言われました。
食べると帰れなくなるからね。

いっぱいエネルギーをもらえました。
素敵な桃源郷。



誰も知らない基地のこと

イメージ
ランチを食べ終わって「誰も知らない基地のこと」を観ましてございます。
上島珈琲でパソコンを立ち上げる。


沖縄の基地を指さして、
「あそこは私の土地だったんです」
と話すおじいちゃん。
「絶対に返してもらう。そしたらそこに大根を植えるんです。5列植えたら120本出来る。
そしたらその大根を沖縄のみんなに配るんです」
と言った。

私は平和活動家でも、運動家でもないし、
なれないし、なりたいわけではございませんもの。
どこか一か所の問題を解決したいわけではない。
そしたらすぐに別のどこかで問題が起こる。
基地はがん細胞のように増えた。
人間が持っているダークサイドが創り出した。
ダークサイドと向上心は紙一重だ。
どの細胞も、がん細胞になり得る。
つまりどの国も、どの人間も、世界の中でがん細胞になり得る。

私は演劇人だから、人間のことを考えるしか能がない。

世界はヒューマンエラーの上に危なっかしく乗っかっている。
お金と権力のダークサイドはなくならないと思ってる。
諦めではなく、人間には誰にでもダークサイドがある。
あなたや私がそうならないとは言い切れない。
だから問い続けるしかない。
自分に。
世界に。

ダークサイドを創り出してはいないかと問い続けるしかない。
けれど、ダークサイドを創らないと自分自身の生活費と命を維持できないよと言われたら?
自分の信念を曲げずに生きていくことが出来るだろうか。
曲げるくらいなら命かけてやると言った時に、
それはやめてと家族に言われたら?

人間が複雑なのではない。
人間が作ったシステムが複雑なのだ。
それに足とられて沈んでいるのだ。
人間は、もっともっと、と欲しがっているだけだ。


CIVETTA

イメージ
お天気がいいから、今日はお外で台本を書こうと思いましたの。
爽やかな空の下、全く爽やかじゃないこと書きますが。お昼に映画を観る前に、ランチをしようとふらりと入ったお店。渋谷の映画館イメージフォーラム近くのイタリアン。お店のお兄さんが本当に素晴らしかったのです。ワタクシもきちんとしたお客さんでいられたかしら。そうだといいな。また映画を観にくる時は必ず行こうと思いますの。

しゃば・ダバ・だぁリーディング《女と男の~Show.Oh.Waaa》

カフェ+ギャラリー can tutkuの最新公演情報でございます!

あみゅーず・とらいあんぐる

こちらは、001の「WWW」で出演していただいた条あけみさんの劇団でございます!


あみゅーずのプレ20thイベント、初のリーディングへの挑戦だそうです!

しゃば・ダバ・だぁリーディング《女と男の~Show.Oh.Waaa》

4月19日(木)19:30
4月20日(金)19:30
4月21日(土)14:00、18:00 
4月22日(日)14:00

場所:カフェ+ギャラリーcan tutku
出演:
思い野未帆
中村ゆり
井尻智絵
大江雅子
谷本誠
オットー高岡
松原一純
笠嶋智恵美
条あけみ

ホームページURL http://cantutku.sensyuuraku.com/

カフェ+ギャラリーcan tutkuのホームページが開設いたしましたー!!

さてさてー!
can tutkuの電気担当の坂本くんが作ってくれましたー!
できたてホヤホヤなので、これから少しづつ情報もたくさんアップしていく予定ですー!

皆様どうぞよろしくお願いいたしますー!!
あんまりうれしくてびっくりマークばっかりでございますー!!!

しょっぱなのページはこんな感じですー!
と、写真を載せたかったのに、なぜかちゃんと載りませんでした・・・
どうしてなのでございましょうか・・・


カフェ+ギャラリー can tutku
ホームページURL http://cantutku.sensyuuraku.com/










またもや高円寺にて打ち合わせ!

イメージ
高円寺にて打ち合わせ。
具体的に話すとモノゴトは実現していくものでございますわね。

ブログの充実をはかりたいなと思っております今日この頃。
そうだ!台本とかを見れるようにしたらどうかしら!
とか思っております。
どうすればいいのかワタクシの頼みの綱、
ブレインサカイくんに聞いてみたり。
しかしさっぱり分からない。
今度大阪に行った時に直接聞いてみようかしら。

昨日の夜中、ゴールデン街からタクシーで帰ると4700円ナリー!
なにそれー!大阪行って帰ってこれるじゃないのー!

こちら目黒の桜でございます。


チョッキー試聴

5月放送のFMシアター、
「チョッキー」の試聴会にいってきました。
放送前にあるのでございますの。はあー!
小さいスピーカーじゃなくて、
おっきいので聞くとすごいなあ!でございます。距離感とか、空間とか!風景とか!音が見える。という表現がぴったりでございます!

高円寺で打ち合わせなり

イメージ
アラフォー女子たちが集まり、これからの活動の打ち合わせに花が咲いております。
しゅーこさんのお家にお邪魔して。
あーでもない、こーでもない、これ面白そうーなどと言っております。
ふと見れば窓から桜が見えましてございます。

いいお家に住んでいらっしゃる。
企画は具体的に具体的に話していくと実現するものでございますわ。
なので詳細が決まればまたご報告いたしますー!!

劇作家協会のお花見

イメージ
劇作家協会のお花見に行ってまいりました。
和田堀公園という、穴場だそうでございます。
桜がええもう立派でございました。
18時からのお花見で、
カンテラの灯りのなか、語る坂手さん。

ええ、なんせ暗がりでしたので。
そしてカンテラの灯りの中、語るえりさん。
ええ、なんせ暗がりでしたので。

お誕生日はうれしいものでございますー!

イメージ
4月6日はワタクシのお誕生日でございますー!
いくつになりましたか!?
37歳になりました!?
いっぱいがんばって生きてきましたなぁー!
これから倍は生きていかねばなりませんなぁー!
きちんと年齢を重ねて生きていけますよに!!


よーちゃんとくにがケーキをプレゼントしてくれました!
かわいー!
なんとりくろーおじさんのケーキ。
きのこの飾りがついているんです!
りくろーさんはすごいんです!
手書きの誕生日カードをもらいました。
生クリームもさっぱりと甘すぎずおいしかったです!

再びバスに乗りますー!

イメージ
今日の夜バスで東京へ。
その前に実家に行きまして、姪と甥と猫たちと戯れました。
きっと姪と甥は、
「このシトの人生って、いったいなんなんだろー?」
とか思っていることでしょう。
ええ、そうね。
結構、いい人生よ。

実家の猫をかわいがる甥。


抱きしめあう男の子たち。

濁流公演 「ヴォランド」

イメージ
イロリムラへ。
お芝居を観に。
姪もつれていきたかったけれど、20時にはもう寝るそうですのでお家に帰りました。
ちぇー。

イロリムラのプチホールでの公演です。
ロシアのブルガーコフ、「巨匠とマルガリータ」が原作です。
ちょうど今読んでいる小説だったのでタイムリー!でございます!
とっても面白い小説です。

アカデミーの同級生のなおちゃんオススメの小説です。
なおちゃんはロシア文学に精通していらっしゃいますの。
ロシアに留学していたときに、
この「巨匠とマルガリータ」のお芝居を観て
いたく感激したそうです。

この取り組みはとてもすてきだなと思いました。
しっかりした小説を戯曲化して演劇にする試みが
もっともっとたくさんあっていいなと思いますの!

そしてプチホールという表現空間の可能性もばっちり感じ取れました!

土曜日まで公演がございますので、皆様ぜひぜひぜひともー!

5日(木)15時/19時30分
6日(金)19時30分
7日(土)14時/18時30分

前売り一般2000円
当日一般2300円
学生1500円

イロリムラ プチホール
地下鉄谷町線中崎町1番出口
北野病院のほうへ。
セブンイレブンの角を高架に沿って右へ。

お問い合わせ/チケット取扱い
dakuryu4@gmail.com





最近の小学生はもう大人。

イメージ
ワタクシの姪っ子は、11歳。
ワタクシよりも背が高い小学生。
そして、ワタクシよりも大人な小学生。
4歳の頃に、
「恥ずかしいから大声ださないで」とたしなめられたことがございます。

水玉チューリップ!

イメージ
キノコマスターのワタクシとしてはですね。。。
水玉は親戚のようなものでございます!

チューリップのお部屋。
写真がOKなところがいくつかありました!

永遠の永遠の永遠

イメージ
かわいい姪っ子を連れて、草間彌生を、観に行ってきましたの!
国立国際美術館!
心がぶるぶる震えましたの!
姪っ子を連れていったはずがもうワタクシ興奮しっぱなしでしたの!
ああ、これは体の中だぁ。
細胞だなぁ。
自分の細胞をもっともっと突き詰めていくと、宇宙に繋がるのですね。

MousePiece-ree10周年記念興行

イメージ
すんごい雨の中、尾崎商店の尾崎さんがカフェに。
片づけやら打ち合わせやら。

そしてMousePiece-ree10周年記念興行のチラシを持ってきてくださいました!
チラシがポスターにもなるというこの画期的さ!
カフェに貼ってございます!


男子も女子もやっぱ40過ぎがいいと思いますの。
しぶいおじ様を観たくないですか!?
皆様、ぜひー!


MousePiece-ree10周年記念興行 関西小劇場屈指の実力派アラフォー俳優3人が、ガチで挑む、 大人の<芝居>と<ワルふざけ>の豪華二本立て! 『リ・メンバー魂』 作・演出・構成 MousePiece-ree 【あらすじ】役者を目指し、田舎から上京してきた3人の男たち。        とある劇団のオーディションから繰り広げられるドタバタ劇! 【出演】 早川丈二 上田泰三 森崎正弘 【日替わりゲスト】 浅野彰一(あさの@しょーいち堂)  いいむろなおき  桂吉弥  鴨鈴女(南河内万歳一座)  桜井ういよ

お気をつけあそばせ

イメージ
皆様、お気をつけあそばせ。
外に出て2秒で傘が壊れました。

can tutkuのランチ

イメージ
今日のランチはもう完売!


さてさて。
カフェ+ギャラリー can tutkuがツィッターをはじめました!
中野くんがぱぱっと作ってくれました!
しかしツィッターの仕組みがあまりよく分からないワタクシでして、
何を載せればいいやら。
とりあえず名前は、

can__tutku

で、登録したそうでございます!
アンダーバーが2個続いているそうです。
皆様フォローしてくださいませー!

そうそう。
can tutkuのホームページが4月11日開設予定でございます!
カフェのほうではメニューや日替わりランチのお知らせなど。
ギャラリーのほうでは企画や、稽古場スケジュールのお知らせなどなど!
ただいま作成中だそうです!
出来上がったらまたご報告いたしますー!!!

差し入れありがとうございます!

イメージ
「ムイカ」の全公演が終了いたしました。
バックンバックンしておりました。
無事終わってなによりです。
観に来てくださったみなさまありがとうございました。

だーすきな後輩からの差し入れ!
ゴディバだ!

そしてキノコのストラップ!すてきー!


「ムイカ」を観て、
ワタクシ、おじいちゃんのことを思い出しました。
満州に行ったおじいちゃん。
電線を通すために一番最初に最前線に行く役目だったおじいちゃん。
戦時中に下痢になり死を覚悟したおじいちゃん。
ニラを食べて復活したおじいちゃん。
馬に踏まれたおじいちゃん。
明治生まれのおじいちゃん。
あの頃の話を、ワタクシたくさん聞いた。
二回も戦争に行ったおじいちゃん。
そして生きて帰ってきたおじいちゃん。

おじいちゃんがワタクシに残してくれたもの。

ちょっとやそっとじゃ折れないしっかりした骨。
ありがとう。おじいちゃん。

戦争、そのものを考える、というよりもワタクシの思い出と出会ったようでした。

想さん登場

ウイングフィールドに想さん登場でございます。19時の「ムイカ」を観に来てくださいました!想さんとお会いするのは久々でございます!少年の瞳がキラキラしております!ワタクシが尊敬する劇作家さんでございます!

「ムイカ」を観ました!

イメージ
観ました!観ました!観ました!
もうこれは!!
大人が観るべきものです!

can tutku本日のランチ

イメージ
今日のランチは、焼きチーズカレーとサラダ。そしてミニチョコレートパフェが
最後についてきます!
これで800円というのですがらもうこれは価格破壊でございます!
ランチを食べて勇気りんりん。
これを食べたらコンブリ団に行きます。
ランチは二時までやっておりますので皆様ぜひぜひ。
そして19時にはウイングフィールドにぜひぜひぜひぜひー!!

コンブリ団その6「ムイカ」再び

イメージ
明日のコンブリ団さんのお芝居にゲストで出演させてもらいますの!
今から緊張して眠れません。
緊張しない薬を誰か開発してください!
ワタクシ高く買いますから!



今日のお昼は天下茶屋のミスドで台本を考えておりました。
夢想ばかりして。
妄想ばかりして。
少しだけパソコンを打つのをやめてノートに書きなぐる。

隣の席の男の子たちの会話が耳に滑り込んできて、もうそれに夢中。
ジャージ男子とオシャレ男子。

「ヒシウメソースのや、裏の公園あるやん」
「ああ、小さい公園?」
「あそこでもうボコボコにされてや。移動してまたボッコボコ」
「まじで!?」
「で、向こうからいっぱい来て。そいつら武器出し始めて」
「武器!?」
「武器ばっか」

・・・武器?
もうワタクシ耳ダンボでございました。

「そしたらや、あいつが来て」
「あいつ?」
「羽曳野のしょう」
「羽曳野のしょう来たん?」
「そう、羽曳野のしょう」

そして彼らは羽曳野のしょうの強さを語っておりました。

なぜかワタクシはノートに
はびきののしょう
と書きとめてしまいました。
気になる。
羽曳野のしょう。
もう想像MAX。

絶対かっこいいはずや。羽曳野のしょう。