投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

お稽古とうちあわせー

イメージ
今日のお稽古は、再びあたまから丁寧に。
地獄の2回まわしが出来るので、
体力の心配はもう大丈夫。
というわけで、
繊細に、丁寧に。
4月に入ると、ゲストの男子たちがやってきてくれます。
ワクワクいたしますー!!
大阪公演の時は、ゲストのみなさんから、

「いや、ひぐちさん、あのね、これめちゃめちゃ重要な役やないですかっっっ!」

と、言われましたわね・・・
ああ・・・そうですわね・・・
センとデモの物語に、外側から入り込んでくる唯一の人物でございます。
ドキドキでございます。

お稽古終わりで、若葉町WHARFへ打ち合わせに。
駅を降りると、桜祭りが!!
川沿いに提灯と屋台が並んでおりました。



本番の週にはすっかり散ってしまうのだろうなぁ。
今年の桜は早かったから。
ちょっと残念。
桜舞う道を歩いて劇場に行くのはとても素敵でございます。

『凜然グッドバイ』 横浜バージョン お席に限りがございます。ご予約はお早めに。 平日昼間割2000円・前売り3000円・当日3500円 予約フォーム シバイエンジン http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=8fba1a2e6a


出演 デモ 大木実奈(noyR) セン 富岡英里子(88生まれの女たち) 男 (日替わりゲスト)
日時 2018年4月12日木曜日14時 岸本昌也           19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants) 2018年4月13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)                    19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
2018年4月14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.)                    19時30分 大間知賢哉
2018年4月15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)                    17時 瀧腰教寛

地獄の2回通し、そしてとみさんは「世界を変えなかった不確かな罪」舞台挨拶へ

イメージ
本日、地獄の2回通しでございます。
間は30分の休憩。
それで2回通せればもう大丈夫よっ!

「体力は大丈夫っス」
「だだ脳みそが・・・いや、大丈夫っス」

ッス、ッス、ッス、ッスと、ガテンなふたり。

そして今日は照明のゆう先輩が姿を見せてくれました。
とみさんは、稽古終わりでダッシュで横浜の映画館、
ジャック&ベティへ走って行きました。 
「世界を変えなかった不確かな罪」の舞台挨拶でございます。
真っ白なオシャレスーツに着替えて、颯爽と。
さっきまでガテン系で稽古していた人とは大違いでございます。
横浜での上映は今日までだそうですが、
名古屋、群馬とまだ上演があるそうです。
詳しくはこちらー!
奥田裕介監督作品「世界を変えなかった不確かな罪」
http://g-film.net/world/

主題歌のSUMMERTIME がYou Tubeに。


稽古終わりでワタクシはゆう先輩と打ち合わせ。
そして実奈ちゃんは振り返っております。

怒涛で稽古場の写真をうっかり取り忘れる。

お稽古はどんどこ進んで

イメージ
どうやら、
実奈ちゃんととみさんは筋肉痛に見舞われているとか、いないとか。
倒れないでね・・・

今日は、ああ、一本通ったなぁとワタクシはすっきりいたしまして、
明日は地獄の2回通しを敢行しようかと思っている次第でございます。


自転車で走り抜けるときに、桜の木々の隙間からお月さまが見えました。
桜は散っていく姿がすてきでございます。
散りゆくわぁ。
儚いわぁ。
そして暖かくなったといいますが、
案外、冷えるわぁ・・・


お席に限りがございますので、ご予約はお早めにー!

『凜然グッドバイ』 横浜公演

出演 デモ 大木実奈(noyR) セン 富岡英里子(88生まれの女たち) 男 (日替わりゲスト)
日時 2018年4月12日木曜日14時 岸本昌也           19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants) 2018年4月13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)                    19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
2018年4月14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.)                    19時30分 大間知賢哉
2018年4月15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)                    17時 瀧腰教寛
場所若葉町WHARF
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!! 平日昼間割2000円 前売り3000円 当日3500円 予約フォーム シバイエンジン

お稽古と、深津さんのこと

イメージ
本日のお稽古。
みっちー先生がやってまいりました。
通しを見てもらって、どんなふうに体を動かすのかを考えてくれます。
頭から最後まで観たあと、
みっちー先生がつぶやく。

「けっこう・・・(お芝居、激しく)動いてますね」


「地味にしんどいっすねぇ・・・」

と、とみさん。
見目麗しいけれど、しゃべるとガテン系。

実奈ちゃんはこの前、

「こんなに動くの、初めてかもしれないっす・・・」

見目麗しいけれど、しゃべるとガテン系。

その上に、さらにみっちー先生のダンスが入るわけでございます。
苦しい・・・でも、ガンバる!! ポーズ。
苦しいときこそ、指先まで。
魂は細部に宿ると思っておりますので、
ささやかなことを丁寧に。


先週の日曜日、25日に深津演劇祭の後夜祭がありました。
ワタクシは東京でお稽古でしたので参加できませんでした。
素敵な後夜祭。
演劇祭に参加させてもらって感謝でございます。
参加できなかったので、コメントをお送りしました。
当日は桃園会のはしけんが読んでくださったそうです。
ありがとうございます。

コメントはこちら。

宝探しは宝を求めて冒険をする。
目的は、宝。
あるいはその過程の、冒険そのもの。
宝探しはたいへん分かりやすい。

深津さんの言葉は、瞬間の変化の発見だ。

旅の道すがら、
足元に転がる変わった石ころが、
なんだかちょっと気になるから拾っておく。
ポケットは変わった石ころでいっぱい。
あてもなく歩き続ける。
ふとポケットの石ころが震えたような気がして覗き込む。
と、
さっきとは少し違った石たちに見えはじめる。
いつ変化したんだ? 
と、じっと見る。
見つめる。
見つめ続けると、
石ころの色が変わり始める。
太陽や月の光を受けて、
キラリと光ってそのうち、
自分の手の中で宝石に変わっている。
ああ、拾ったあの石たちは宝石だったのだと、
今、この瞬間に発見する。
宝探しとは、まったく、ずいぶんと違う。
じっと見つめることで、気づかされる。

blue filmは発見の連続だった。
「正解」ではない、「発見」
チラシに深津さんの写真を使わせてもらい、
それを横に置いて稽古をする。

「さて、樋口、お前はどう読むんだ?」

と、問いかけられる。

(なんて、私がそう感じているだけなのだけれど)

「俺が書いた正解を探せ」などとは、決して言わない。

(なんて、私がそう感じているだけなのだけれど)

「お前がどうするか、だろう?」

自…

今日は作業日

イメージ
今日はお稽古ではなく作業日でございます。
せっせ、せっせ。
せっせ、せっせ。
ミシン作業でございます。

お昼くらいから始めましたのに、
気がついたら21時・・・
ああっ!? まだ終わっていないのにっ!?
さらにまた、せっせ、せっせ。
ああっ!? 真夜中だわっ!!
まだ終わらないわっ!

明日はみっちー先生が登場しますー!



『凜然グッドバイ』横浜公演

出演 デモ 大木実奈(noyR) セン 富岡英里子(88生まれの女たち) 男 (日替わりゲスト)
日時 2018年4月12日木曜日14時 岸本昌也           19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants) 2018年4月13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)                    19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
2018年4月14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.)                    19時30分 大間知賢哉
2018年4月15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)                    17時 瀧腰教寛
場所若葉町WHARF
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!! 平日昼間割2000円 前売り3000円 当日3500円 予約フォーム シバイエンジン http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=8fba1a2e6a

「教えて、先生」凜然お稽古どんどん

イメージ
昨日までは前半のお稽古で、今日は後半のお稽古でございます。
最初から終わりのほうまでをざざざぁっとお稽古いたしまして、
実奈ちゃんがつぶやきました。

「これ・・・・・・1日に、2回本番か・・・・・・」

ええ、そうなのですよ。。。
体力よろしく、でございます。





とみさんもつぶやきます。

「ののさんと語り合いたい・・・・・・」

とみさん演じるのはセン。
大阪ではののあざみ嬢でございました。
実奈ちゃん演じるのはデモ。
大阪では出口さんでございました。
4人が揃ったらどんな会話になるんでございましょうか。

「教えて、先生。100年後には消えてなくなるのに、なんで私はあがいているんだろう」

デモのセリフでございます、が。
セン演じるとみさんが、

「これってセンも同じだなぁって思う」

とつぶやきました。
ああ、そうだ、そうだなぁ。
100年後に、いまここにいる人たちはいないなぁ。
じゃあ何が残るだろうなぁ。
だけど何かが、次の100年に繋がっていくのかなぁ。


Plant M No.14 『凜然グッドバイ』横浜公演

チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!! 平日昼間割2000円 前売り3000円 当日3500円 予約フォーム シバイエンジン http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=8fba1a2e6a
あらすじ はるか未来。窓から見える空にはもう誰も住んでいないだろう地球が見えるくらい、未来のこと。 デモはある朝、恩師である「セン」の死を知った。 知らせが来たのではない。 いま、ひとりの詩人がこの世から消えた、と感じたのだ。 恩師である「セン」に別れを言いに、デモは雨の中やってきた。 人間らしくなかった「デモ」を、ひとりの人間にしてくれたのは「セン」だった。 獣のような少女と、自分の可能性に絶望した詩人の、センとデモの二人の女性の成長の物語。 出演 デモ 大木実奈(noyR) セン 富岡英里子(88生まれの女たち) 男 (日替わりゲスト)
日時 2018年4月12日木曜日14時 岸本昌也           19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants)

ロングロング凜然お稽古

イメージ
桜がもう咲いておりますわね。
風に舞って、ハラハラしておりました。
年々、桜が好きになりますわ。

今日はロングロングお稽古。




俳優が変わると、どの言葉に力点を置くかも変わる。
テキストに登場人物の言葉があるけれど、
それを立体的に想像していく俳優が変われば、
目の前に出現する姿もやっぱり変わる。
同じテキストなのですが、
俳優が変わればディテールが変わる。
ささやかなことだけれど、それがとても面白いのであります。

『凜然グッドバイ』 横浜公演
出演 デモ 大木実奈(noyR) セン 富岡英里子(88生まれの女たち) 男 (日替わりゲスト)
日時 2018年4月12日木曜日14時 岸本昌也           19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants) 2018年4月13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)                    19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
2018年4月14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.)                    19時30分 大間知賢哉
2018年4月15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)                    17時 瀧腰教寛
場所若葉町WHARF
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!! 平日昼間割2000円 前売り3000円 当日3500円 予約フォーム シバイエンジン

ずっと凜然お稽古

イメージ
暖かくなりましたね。
寒さにやられた冬でございました。
お稽古が始まると、栗ばかりを食べますが・・・
1月、2月のお稽古のときには栗を食べる指先が震えてしまいました。
寒さのせいか、栗ばかりのせいか・・・?
これはイカンと、とりあえず米粒を食したこの冬。
まぁ、体重が増えますわな。
暖かくなりましたのでね、
冬の間に緩んだ体は、自転車で再び引き締めるのであります。

さてさてー。
お稽古をどんどん。
ゲストの男子たちが参加されるまでは、
とみさんと実奈さん、ふたりだけのお稽古でございます。

「は・・・まだ15時・・・なんだかずっと稽古している感じが・・・」

と、実奈さんがつぶやきました。
うん。ふたりだからね。
どのシーンも、ふたりですものね・・・







3月中はできるだけ自由にやってみようかと思っている次第でございます。
明日はロングロングお稽古でございます。
延々と。
ふたりお稽古の日々でございますー!

『凜然グッドバイ』横浜公演詳細
※お席に限りがございます。ご予約はお早めにー!!


出演 デモ 大木実奈(noyR) セン 富岡英里子(88生まれの女たち) 男 (日替わりゲスト)
日時 2018年4月12日木曜日14時 岸本昌也            19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants) 2018年4月13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)                    19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
2018年4月14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.)                    19時30分 大間知賢哉
2018年4月15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)                    17時 瀧腰教寛
場所若葉町WHARF チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!! 平日昼間割2000円 前売り3000円 当日