投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

本番がもうすぐやってまいります!

イメージ
いろーんなことがあったのに。。。。。。
いろいろ。。。

山本能楽堂さんで、お花の会がありまして。
お部屋中がお花で飾られました。
お能の舞台だけでなく、お稽古場所や、
屋根裏(?)と勝手に私が呼んでいる秘密めいた空間にもお花が飾られておりました。
昔に能を観た時にはうつらり、うつらり、としておりましたが、
不思議なもんで時が経てば面白いなぁと思うのでございます。
お芝居にもそういう感覚はたくさんあって、
その時々の自分は、決して同じ自分ではないが、
やっぱり同じ自分でもあるなと思うのです。
別の感覚が増えるのか、
あるいは減ってしまうのか、それはまぁどちらでもかまわない。
何かしらの変化だから。
変化し続けながら、
その一方で、研ぎ澄まされていく自分の嗜好、思考というのも
再発見するのでございます。

今、新たにワタクシはコノヨウナモノが、
好きになってきたのだぁ・・・・・・・・・

と、思っていたことは、
確かに新たに好きになったものだったり、
あるいは、よくよく考えるとモノゴコロつきはじめたワタクシが
好んでいたものであったりするものです。
時を経て、新しい自分と出会ったり、
もう一度自分の感覚と出会いなおしをすることもあるのだなぁと思うのでございます。

そんな感覚のことを考えている時に、

お店のお客様が、

「樋口さん、こういうの好きでしょう?」

と、パンフレットを見せてくださいました。



す、す、す、好きですー!!!
新潟にあるそうなんですね。
去年新潟に行ったときに知っていれば。。。。。。
観に行ったのに。。。。。

最近新たに好きになったもののなかで大きなものはですね、


彼女たち。
打ち合わせしたわけでもなく、無印ボーダーのワンピース。
シンクロ!
ワタクシが子どもや乳児たちのあまりのかわいがりようを見てですね、
らん先生とすみれ社長のお母様、
手芸カフェのマイコセンセイがおっしゃるにはですね、

「これはおじいちゃんによくあるタイプです」

ということです。
気難しい祖父が、孫が出来たとたんに
すべての子どもをかわいがるというタイプに分類されるそうです。
ふふん、なかなか当たっておるわ。

おおおお、そうだ。先日、桃園会さんのアフタートークに出させてもろたのでした。
その次の日の帰り道に、森本くんとトツトツとお話する。

時間は止まらないし、
どんなものも変化する。

絶賛稽古中でございます。

イメージ
絶賛お稽古中でございます。
2月28日の19時、
そして3月1日の14時の2回公演です。
ぜひともー。
ワタクシのチームは中空よおいさんの「春になればね」
役者さんはあゆみさん、宮川サキさん、井田武志さん。
もうひとチームは宮崎健太さんの「青い空のヒト」
役者さんは石原正一さん、得田晃子さんでございます。
一緒にお芝居をしたことがある役者さんもいらっしゃれば、
知ってるけどお芝居は初めての役者さん、
そして何もかもはじめましてー! 
の役者さんも!
おお、なんと豊かなことか。
でございますわね。
何かの縁あっての出会いでございますから。
全ては。

朝日がのぼったら

朝日が昇って目が覚めたら、
その日を生きようと思う。

当たり前のように明日が来ると思ってはいけない。
当たり前のように朝、目が覚めると思ってはいけない。
当たり前のように生きていけると、思ってはいけない。

日が沈んだら、
一度世界が終わって、
朝日とともに、
また世界が始まるのだ。
今出来ることをしなければ。