このブログを検索

2017年7月30日日曜日

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』無事に終わりましたー!!

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』
すべての公演が無事に終わりました!
観に来てくださった皆さま、
本当にありがとうございました!!
振り返りはまたゆっくりー!!

初日があけましたー!!

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』の初日が無事にあけました!!!
観に来てくださった皆さま、本当にありがとうございます!!!

明日の13時の回は前売りは完売となりました。
当日券のお客様は、前売りのお客様をご案内したあとでのご案内となります。ご了承くださいませ。

17時の回は残りわずかとなっております。ご予約はおはやめにー!!!

お待ちしておりますー!!!

2017年7月29日土曜日

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』29日(土)19時 完売となりました。

チケット情報です。

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』

29日(土)19時 完売となりました。
当日のお客様は立ち見となる可能性がございますので、ご了承くださいませ。

30日(日)13時 残りあとわずかとなりました。
ご予約はお早目にどうぞ。

30日(日)17時 まだ少しお席に余裕がございます。
こちらオススメでございますー!!

2017年7月28日金曜日

明日から仕込みです

ずいずい通しまして、ぶいぶい通しました。
元晴くんには元晴くんの課題と。
西藤くんには西藤くんの課題と。
お稽古しながら格闘して、そして明日は仕込みでございます!
音と明かりが入るともっと広がるんだろうなと想像して。
今日の夜に、音響の近松くんが木次にやってまいりました。

お稽古が終わりまして、 夜は雲南読書会に参加いたしました。
読んで、ああ、楽しいって。
読んでいる皆さんが、ああ、楽しいって、その空気がいっぱいでした。
月に1回あるんですって。
とても素敵な集まりだなぁと、とっても楽しみました。
今日は須田さんと多賀さんがギターを弾いてくれて、
音楽も入るってステキー!!
雲南のみなさま、ぜひご参加くださいませ。
本当に楽しめます!
出雲大東駅の美しすぎる駅長さんにも会えましたー。
ワタクシが勝手にそうネーミングしました。
ぜひ定着してほしいものです!


『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』
残席状況です。
7月29日19時 残りわずかとなっております。ご予約はお早目にー!!
7月30日13時 △ 
7月30日17時 ◯

30日の17時の回がお席にまだ余裕がございますので、こちらオススメでございます。
当日のお客様のお席へのご案内は、ご予約のお客様が入られてからのご案内となりますので、できるだけ予約をしていただいたほうが安心してお席に座れますのでぜひご予約を!
29日の回は、当日のお客様は立ち見となる可能性がございます。
どうぞご了承くださいませ。

お芝居の上演時間は1時間15分ほどです。

2017年7月27日木曜日

鬼がアップする

今日のお稽古はラメールにて。
通しをいたしました。

どんな時でもアップはとても大事でございます。
体をちゃんと目覚めさせてあっためて。
1時間10分ほどの物語を全力疾走しなければなりません。
プールに入る前の準備体操のような感じでございます。

西藤くんも元晴くんもきちんとアップ・・・・・・

あ。

写真に撮って、見なおす。
鬼がアップしている。


 たぶん、ふたりは今日本で一番鬼が似合う俳優たちでございます。

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』
残席状況です。
7月29日19時 残りわずかとなっております。ご予約はお早目にー!!
7月30日13時 △ 
7月30日17時 ◯

30日の17時の回がお席にまだ余裕がございますので、こちらオススメでございます。
当日のお客様のお席へのご案内は、ご予約のお客様が入られてからのご案内となりますので、できるだけ予約をしていただいたほうが安心してお席に座れますのでぜひご予約を!
29日の回は、当日のお客様は立ち見となる可能性がございます。
どうぞご了承くださいませ。

2017年7月25日火曜日

ワークショップのたくさんの写真

チェリヴァさんからワークショップの写真をたくさんもらいました。
100枚くらいあったのでそのなかからー!
子どもワークショプの様子でございます。















 

戯曲ワークショップはどのお写真も座っているので、その中からこの1枚を!


三刀屋高校演劇部でのワークショップでございます。
長いセリフに挑戦。







こちらは掛合分校でのワークショップ。






そして今日は海潮小学校の先生が、
1年生がワークショップの感想文をまとめて冊子にして
チェリヴァホールまで持って来てくださいました。
な、なんとー!!
とてもとても、嬉しいものでございます。
ありがとうございました。

2017年7月23日日曜日

最後のお休みが終わりましてー!

土曜日は最後のお休みでございました。
その間に西藤くんはオーディションのために大阪へ!!

そしてワタクシは8月の中野公演のために中野貢献隊の多賀さんとチラシを
配りに中野をぐるりとー!
公演をする場所の小学校も案内してもらいました。
お家を一軒一軒お訪ねいたしました。
お野菜などもいただき、メロンもいただき、いただいてばかりでございます。
そ、そして、、、

あるお家の軒先に、、、いちじくが木になっておりまして、、、

どうぞ、と。

どうぞ、、、

木からいちじくを、、、!?
取って!?
割って!?
た、食べました!!
いま、そこに、木に実っていたものを!!!

は、はじめての体験でございました。
甘くて美味しかったでございます。

中野の公演情報はこちらー!


Plant M 『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』スピンオフ作品  
主催:中野貢献隊

中野の土地で、
旧中野小学校の教室で、 
中野のためのスピンオフ作品。

『赤鬼の授業』

作・演出 樋口ミユ
出演 西藤将人(劇団ハタチ族) 深田愛佳 

8月19日(土曜日)20日(日曜日)18時開演 
※開場は開演の30分前  ※全席自由(上演時間は約40分 公演終了予定は1840分)
定員あり、要予約 
高校生・中野住民の方は無料。

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』公演の半券チケットをお持ちの方は500円。

  半券を持ってない方(中野住民でない方で)も500円ですが、お席へのご案内が最後となります。

ご予約(開始日2017年6月1日) 
【電話】090-3889-5969(多賀法華)
【Mail】norizou.0805.1125@gmail.com 
メールの場合は①お名前②ご希望日時③ご予約人数④電話番号 を明記してください。

場所 雲南市三刀屋町中野 旧・中野小学校
住所 島根県雲南市三刀屋町中野375-2 
駐車場あり。カーナビをご利用の際は、「中野交流センター」と検索してください。
国道54号線(出雲神話街道)からは[飯石ふれあい農道]をご利用いただくと、県道51号線より道が広く走行しやすいです。

お問い合わせ plant.miyu@gmail.com tel 090-9160-7847(樋口)

中野をチラシを配りながら満喫いたしまして、
土曜日の夜は、今回青鬼を演じてくれます井上元晴のお家へお泊りに!
2歳になったえいたくんと奥様のまきちゃんと楽しい夜を過ごしました。 
2歳児にはテッパンの「おかあさんといっしょ」
やはりえいたくんも大好きでございました。
ぶんばぼん。

お昼からラメールにてお稽古。
山口の萩から中村くんという高校生男子が稽古場に遊びに来てくれました。
西藤くんの1回目の殺陣のワークショップにも参加したですって。
遠いところ本当にありがとー。


そして本日はハタチ族のまっつんとあきふみさんがっ!
夏休みの縁側、親戚の伯父さんと・・・
という絵が出来上がりました。


今日は通しを2回。
自分が書いたものだから、知っているはずなのに。
俳優たちがそれを未知のものにする瞬間が、
やっぱり演劇って面白いなぁと思うのです。
そんな通しでございました。

お席に限りがございますのでご予約はお早目にー!!

 
Plant M  No.13 雲南木次公演 『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』

作・演出 樋口ミユ
出演 西藤将人(劇団ハタチ族)  井上元晴(劇団ハタチ族)

7月29日(土) 19時(18時35分〜読み聞かせ 深田愛佳さん)
7月30日(日) 13時(12時35分〜読み聞かせ 亀尾佳宏さん
         17時(16時35分〜読み聞かせ 亀尾美月さん)
※開場は開演の30分前  ※日時指定・全席自由

料金
前売1500円 
当日2000円
高校生以下無料(要予約)
 
ご予約 
【電話】チェリヴァホール (0854)42-1155(9:00〜20:00)
【mail】plant.miyu@gmail.com(Plant M)  
 メールの場合は①お名前②ご希望日時③ご予約人数④電話番号 を明記してください。

2017年7月22日土曜日

あと残り7日となりましたー!

あと残り7日となりました!

今日のお昼に赤鬼西藤くんは宣伝告知のために夢ネットさんにお邪魔しました。
放送されるのを楽しみにしております。

ワタクシはお昼から三刀屋高校掛合分校にアウトリーチで出かけました!
一枚の絵を作ってそれがどんなシーンなのかを考えたり、
銅像を作ってそれがなにをテーマにした銅像なのかを考えたり、
最後は虫眼鏡を覗いて自分の未来を見る、という想像をいっぱいしました。
高校1年生は、甘酸っぱいです。
自分と他人と、自意識と他者の視線にがんじがらめの真っ最中。
見ていて胸がキュンとなりました。
ああ、飛び出せ青春!

さて、今日のお稽古は通しでございました。
もうあとはひたすら通しでございます。


お稽古は積み重ねと発見。
同じ繰り返しだと発見が見つけられない。
発見があると繰り返しにならない。
毎日、「自分」で生きているけれど、
昨日と今日が全く同じ1日にはならない。
でも「自分」であることは、なにも変わらない。
いつもいつも、そんな風に舞台上で生きられればなと思うのであります。

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』  
作・演出 樋口ミユ
出演 西藤将人(劇団ハタチ族)  井上元晴(劇団ハタチ族)

日時
7月29日(土)19時(18時35分〜絵本読み聞かせ 深田愛佳さん)
7月30日(日)13時(12時35分〜絵本読み聞かせ 亀尾佳宏さん)
        17時(16時35分〜絵本読み聞かせ 亀尾美月さん)
※開場は開演の30分前  ※日時指定・全席自由

料金
前売1500円
当日2000円
高校生以下無料(要予約)

ご予約(チケット発売日2017年6月1日)
【電話】チェリヴァホール (0854)42-1155(9:00〜20:00)
【mail】plant.miyu@gmail.com(Plant M)
メールの場合は①お名前②ご希望日時③ご予約人数④電話番号 を明記してください。 

場所 雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール  2階ホール
住所 島根県雲南市木次町里方55 


2017年7月21日金曜日

『泣いた赤おに』の読み聞かせのお知らせ!

今回のお芝居は、plant M的現代版『泣いた赤おに』であります。
もとのお話、『泣いた赤おに』を知っていても、知らなくても
楽しめるようになっておりますが・・・

でもせっかくだから『泣いた赤おに』の絵本の読み聞かせをしたらどうかしら!?

と、ふと思いまして!

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』の開場中に読み聞かせをいたします!!
もし、『泣いた赤おに』を知らないから聞いてみたいという方は、
ぜひ開場とともにお席にお座りくださいませ。
絵本は20分ほどでございます。
開場時間になってしばらくしましたら読み聞かせを始めます。

そして絵本の読み聞かせをしてくださるゲストの3名さまはこちら!!

『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』開場中に、絵本『泣いた赤おに』読み聞かせ情報 
チェリヴァホール舞台上にて
7月29日 18時35分〜(本篇開演は19時) 深田愛佳さん
7月30日 12時35分〜(本篇開演は13時) 亀尾佳宏さん
7月30日 16時35分〜(本篇開演は17時) 亀尾美月さん

深田さんは8月にございます『赤鬼の授業』にも出演してくださいます。
皆様、『赤鬼の授業』もどうぞよろしくお願いします。
そして雲南の皆さまご存知の亀尾先生。
亀尾先生の娘さんの美月ちゃん。
お二人とも急なお願いなのに引き受けてくださいました。

本当にありがとうございます。

わぁ、こういうのがやりたいなぁ・・・と思ったら。
いつも誰かが助けてくださいます。
感謝です。
本当に。

絵本の読み聞かせもお楽しみくださいませー!!

今日のお稽古は一度言葉に立ち返りました。


どんな状態でも、
言葉がブレないように。
ちょうど真ん中くらいのお稽古で一度言葉に立ち返る、

と、また次からの通しが鮮やかになると思うのです。

ただのセリフ合わせ?

なんてものではございません。
とても体力のいるコトなんでございますよ。


はい。そんなスパルタ稽古を終えて。

7月21日現在。
本番まであと残り8日だそうでーす!

2017年7月20日木曜日

滝とワークショップとお稽古

今日は滝に連れて行ってもらい、滝にうたれ、滝に浸かり、
完全にデトックスをするという体験をいたしました。
あまりにも綺麗すぎる滝の気に当てられたような感じであります、ハイ。
なんでしょうこれは。。。
ナウシカの「毒がないと生きられない」というセリフを思い出しました。
き、き、綺麗すぎて体がついていかない。
それほどまでに、美しい水と空と空気でございました。
ああ、感謝。



夕方からは三刀屋高校演劇部に行ってまいりました!
三刀屋高校には何度かお邪魔しておりまして、
今回は長いセリフをどう考えるか。
というのに挑戦いたしました。
長いセリフだけをいくつか抜粋してきまして、
前後の話の流れはまったく関係なく、
このセリフを成立させるために、人物、背景、場所などを
具体的に自分で考えるのであります。
文字には描かれていない、見えないところを、どう考えるか。
描かれている言葉を、どう解釈するのか。
それが、役者の個性に繋がるんじゃないかと、
思うのであります。
部員の子たちの想像や思考がたくさん見えてドキドキいたしました。
変化はワクワクいたします。
もっと時間が欲しいなぁと惜しい気持ちでいっぱいでございました・・・

ああ、しかし。
稽古に行かねばなりません!!
さらば、三刀屋の皆様。ありがとうございました!

そして鬼のお稽古は七日目を迎えました。
昨日のお稽古は急遽お休みをいたしました。
ここっ、今きちんと休んでおくべき時。
というのが、お稽古をしているときに浮上したりいたします。
てなわけで、今日がお稽古七日目でございます。
今週のお稽古は少しずつ丁寧に前に進みます。

今、目の前で起こったことに反応する。
投げかける。
受け取る。
また投げる。
いま、初めてその言葉を聞いた。
いま、初めてこの言葉を投げかける。
日常で何気なくするやりとりは、たぶん、とてつもない複雑なことを
頭のなかで行っていたりする。
セリフを言うこと以外に、脳内をもっともっと忙しくしたいのであります。
もっと敏感に。
もっと鮮やかに。
言葉をやりとりしていくのであります。

ふたりしばい、って。
ものすごい集中力と緊張感のまっただなか。
役者同士がガチンコ勝負をするわけであります。
斬るか、斬られるか。
みたいな。
そんな瞬間が、きっと、たくさん観れると思います。