このブログを検索

2018年8月29日水曜日

『凜然グッドバイ』仙台公演早割チケットのお知らせ

『凜然グッドバイ』仙台公演でございますー!
早割チケット2000円、ご予約は9月1日から開始でございます。
お得ですのでぜひご利用くださいませー!

受付は9月1日から9月14日まで。

plant.miyu.ticket@gmail.com

こちらのメールに、お名前、観劇日時、人数をお願いいたしますー!
※返信が届きましたら予約完了です。

出演

デモ 熊谷美咲

セン 熊谷由海

男 小濱昭博(劇団短距離男道ミサイル)

 

STAFF

作・演出 樋口ミユ

振付 原和代

舞台監督 河村都(CQ

音響 金子進一。(T&Crew

照明プラン 皿袋誠路(PAC West

衣装 植田昇明(kasane)

制作協力 尾崎商店

チラシデザイン 岸本昌也

 

公演日時

20181020日(土)14時/1930

     21日(日)13

※受付開始、開場は上演の30分前。

※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分
 

場所 せんだい演劇工房10-BOX box-1

 

チケット

915日から一般発売開始 前売り2500/当日3000

高校生以下前売り当日ともに500

チケット取扱い(WEBフォーム)協力:シバイエンジン

URLhttp://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=fc11540d6d

 

主催 Plant M

助成 芸術文化振興基金



2018年8月28日火曜日

踊っているけどやっぱりお芝居

お芝居なんだけれど、やっぱり踊っております。
セリフもあったりします。
踊っているんだけれどお芝居で、
お芝居なんだけれども踊っている。
だからダンスプログラムなのであります。


ガムテープを使ったりしております。
ちょっとひっついたりすると大事件になるので慎重に、
お稽古を繰り返すのであります。
ランタイムは60分ほどでございます。
通しをして振り返ってまた通しをして、
休憩中の実奈ちゃんを激写。
ジュリエットの実奈ちゃん 、
なのに休憩中はまるで戦場の兵士のようでございます。


ジュリエットBOXでございますからね、
歌ったり踊ったり喋ったり、実奈ちゃんは60分フル稼働でございます。
チケットのご予約はこちらからー!

料金:一般3,000円、U18(18歳以下)1,500
715日(日)よりチケット発売>
ご予約はこちらから

http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=3e404fc0df



演劇ユニット noyR  ダンスプログラムvol.1
『ジュリエットBOX』−ロミオとジュリエットより−
 
日時:98() 19:00開演
         9() 13:00開演/17:00開演

上演時間60分予定

 
会場:若葉町WHARFhttps://wharf.site
 
原作:W.シェイクスピア
構成・演出:仲道泰貴/樋口ミユ(Plant M
出演:大木実奈、仲道泰貴
   岸本昌也、佐藤 司、牧 凌平、吉次匠生

参加アーティスト:うー(DJ
 
料金:一般3,000円、U18(18歳以下)1,500
715日(日)よりチケット発売>
ご予約はこちらから

http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=3e404fc0df



2018年8月26日日曜日

お稽古進んで、しかし暑い・・・

あ、暑い。
暑いですわね。
あまりクーラー生活ではない雲南に慣れてしまったのか、、、
暑い外と寒いクーラーの室内の行き来のせいか、
ああ、夏バテかしら。。。
漢方の清水先生からみすず飴の高麗人参ゼリーをもらいました。
効きますように。


さてさて、
noyRのダンスプログラム『ジュリエットBOX』のお稽古どんどこでございます。
すでにミッチー先生がテキストをもとに、
7月末の01の実験室でダンスの発表をして、
今度はそれをさらにnoyR的ダンスプログラムにいたします。
ダンスのようで演劇のような、
演劇のようでダンスのような、
ダンスと演劇の間、のような。


役者が踊るなら、どんなことが出来るのか。


もちろん、言葉も発します。


さらにミッチー先生の新たな振り付けもプラスされまして。


ダンスの振り付けがここに書いてございます。


振り付けの伝達風景。
どんどこお稽古ー!


演劇ユニット noyR  ダンスプログラムvol.1
『ジュリエットBOX』−ロミオとジュリエットより−
 
日時:98() 19:00開演
         9() 13:00開演/17:00開演

上演時間60分予定

 
会場:若葉町WHARFhttps://wharf.site
 
原作:W.シェイクスピア
構成・演出:仲道泰貴/樋口ミユ(Plant M
出演:大木実奈、仲道泰貴
   岸本昌也、佐藤 司、牧 凌平、吉次匠生

参加アーティスト:うー(DJ
 
料金:一般3,000円、U18(18歳以下)1,500
715日(日)よりチケット発売>
ご予約はこちらから

http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=3e404fc0df






2018年8月17日金曜日

ひと花で金さん

ひと花センターでおいちゃんたちと演劇のワークショップでございましたー!
写真はすっかりうっかり忘れてしまって何もイメージがないのですが、
今回のワークショップは「遠山の金さん」のお白州でございました!
ひと花ワークショップは、始まりはいつも“ひと花ゲーム”から始まります。
せんだみつおゲームのひと花バージョンでございます。
ワタクシが勝手に作りました。

常連のおいちゃんたちは、

「ああ、あれね」

と、 手慣れたものでございます。
名前を覚えるゲームでもあります。
「ナハナハ」の部分を「ひとはなひとはな」に変えただけでございますが。
名前覚えゲームをしたあとは、
ちょっとだけ体を動かすことをいたします。
今回は「だるまさんが転んだ」と言っている間に残りのみんなで
ひとつのテーマに即した絵を作ります。
鬼がなにをテーマにしているかを当てるゲームでございます。
動くと元気が出ますのでね。
最後に台本を使ったりして発表いたします。

今回は「お白州」

「花のお江戸の八百八町。てめぇらのような悪党がのさばるかぎり、黙って見逃すことはできねぇ遠山サクラだ。目ん玉おっぴろげて、よっく、拝みやがれ」

そんで、悪党たちは驚くわけでございます。
金さんも悪党も、おいちゃんたちは手慣れたもの。
暴れん坊将軍好きでございますが、殺陣をするのは怪我が怖いしなと。
しかし大岡越前では少しおとなしすぎるかと。
やはり、金さんがスカっといたしますわね。
次回は任侠ものをしようかと思うと言うと、
おいちゃんたちから膨大な情報を頂きました。
話すと止まらない任侠シリーズ。
任侠、その時代の真っ只中で生きてきたおいちゃんたちに聞くのが一番でございます。
ちょっと任侠の言葉と意味を考えようと思うのであります。

そんでもって、9月の公演はnoyRのダンスプログラム。
『ジュリエットBOX』でございます。
ロミオとジュリエットの恋のことばかりが前面に押し出されますが、
これも家同士の争いだから、ある意味任侠と言ってもいいのではないでしょうか。
いや、恋ってやつは、案外任侠かもしれません。

 
演劇ユニット noyR  ダンスプログラムvol.1
『ジュリエットBOX』−ロミオとジュリエットより−
 
日時:98() 19:00開演
         9() 13:00開演/17:00開演

上演時間60分予定

 
会場:若葉町WHARFhttps://wharf.site
 
原作:W.シェイクスピア
構成・演出:仲道泰貴/樋口ミユ(Plant M
出演:大木実奈、仲道泰貴
   岸本昌也、佐藤 司、牧 凌平、吉次匠生

参加アーティスト:うー(DJ
 
料金:一般3,000円、U18(18歳以下)1,500
715日(日)よりチケット発売>
ご予約はこちらから

http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=3e404fc0df

 

2018年8月13日月曜日

noyR ダンスプログラムvol.1『ジュリエットBOX』予約受付中!

noyR ダンスプログラムvol.1『ジュリエットBOX』予約受付中!

ダンスプログラムとありまして、
だがしかし。
ダンスなのでありますが、
演劇なのであります。
noyR的ダンスプログラム。
でもやっぱり演劇なのだと思うのであります。
だってnoyRだから。

劇場は若葉町WHARF(https://wharf.site
すでにPlant Mはおなじみの若葉町WHARF。

えー、ロミジュリはちょっと好きじゃない・・・
という人こそぜひ観に来てくださいませー!!

<チケット発売中>
ご予約はこちらから↓
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=3e404fc0df




noyR ダンスプログラムvol.1『ジュリエットBOX』
日時:9月8日(土) 19:00開演/9日(日) 13:00開演・17:00開演
会場:若葉町WHARF(https://wharf.site
原作:W.シェイクスピア
構成・演出:仲道泰貴/樋口ミユ(Plant M)
出演:大木実奈、仲道泰貴
   岸本昌也、佐藤 司、牧 凌平、吉次匠生
参加アーティスト:うー(DJ)
料金:一般3,000円、U18(18歳以下)1,500円
<チケット発売中>
ご予約はこちらから↓
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=3e404fc0df

2018年8月12日日曜日

観劇列車は無事に運行いたしましたー!

観劇列車『木次線、その先へ』は無事に運行上演終了いたしました!
みなさまに感謝ー!!!
車内も満席でございまして、
観に来てくださった皆様、
木次駅の皆様、
えきちょーさん、
西村さん、恩田さん、
つむぎの南波さん、
多賀さん、
西藤くん、
実奈ちゃん、
そして三刀屋高校演劇部のみんなー!
ありがとうございましたー!

2018年8月11日土曜日

『木次線、その先へ』初日無事に運行

観劇列車、初日無事に運行いたしましたー!
みなさま、観に来てくださってありがとうございましたー!
明日も運行いたしますー!
なぜか板垣ちゃんは自分の髪の毛のおだんごを写したかったみたい。

2018年8月10日金曜日

キハ

今日もお稽古でございます。
8月9日の今日もお稽古。
今日も生きているんだなぁと当たり前のようで、
当たり前ではないことを思うのであります。
少し涼しくなりました。
週末はまた暑くなるそうですが、今日は少しだけ秋の気配でございました。


木次駅のホームでもお芝居が続いておりまして、

線路を渡って待合室に。
そこでもまたお芝居がございます。
列車はキハ120形。
そしてこれは西小山さんの木次Tシャツ!
ハタと。
ハタと。
ハタと思い立って、そうだ!
こんな時はハタチ族の大原さんにお願いしてみよう!
するとすぐさま出来上がりましたとさ。
ありがとうございますー!


2018年8月8日水曜日

「木次線、その先へ」ができるまで

はじまりは、
木次線でお芝居をと、西藤くんから話があって。

そうかぁ。列車でお芝居とは面白そうだなと。
大阪のチンチン電車でも一度演出をしたことがあったなと。

しかし。
ワタクシは旅人で、雲南や木次が地元ではなく・・・

ただ列車を使ってお芝居をするだけでいいのかどうか、うーん。

大阪から雲南に来るためには、松江から宍道へ。
宍道から木次線で木次駅で下車。
木次線がなければ木次に辿り着けない。
車があればいいのだけれど、レンタカーで乗り捨てもなかなかお値段がね。
そんなこんなで案外木次線には乗るけれど、
本当の木次線のことはなにも知らないなと思ったわけであります。

と、そんな時に、
去年、中野の小学校で「赤鬼の授業」を一緒に創った多賀さんから
メッセージをいただいて。

多賀さんのおじいちゃんの弟さんのお話でした。
戦争のことを演劇にしてもらいたいというわけではなく、
背景を伝えたかったんですと。
多賀さんのメッセージには最後、

「モノは聞いているなら。トロッコ列車が子どもの笑顔を運んだり、普通の列車が高校生の通学の手段なら、今現在乗客が減ったとしても、列車は、幸せなんじゃないかな」

と、あった。

あの小さな木次駅から学徒動員でたくさんの少年たちが旅立っていった事実が
そこにはある。機関車トーマスじゃないけれど、爆撃される場所へと子どもたちを運んでいったその時代の列車が喋れるなら、なんと言ったんだろう。

そうか。
知らないならば、聞けばいいのだ。
木次線を使う人たちや、かつて使っていた人たちには、背景がある。
聞けばいいのだ。
今回これを企画したつむぎの南波さんや
お手伝いの多賀さんや、
西藤くんにもお手伝いいただいて、
木次線をよく使うみなさんに、
木次線の思い出なんかを書いてもらって集めた木次線特有のメモを、
ワタクシは普遍にして演劇にするのであります。









2018年8月7日火曜日

8月6日、お稽古。

今日もお稽古。
朝起きて。
ああ、今日は8月6日だなぁと。
暑いなぁと思いながら木次の商店街を歩きます。
ワタクシは今日もお稽古をするのだぁと、歩きます。
「木次線、その先へ」
色んな、メモが、たくさん入っているトランク。
実際の言葉を集めました。
その中には、
木次線に乗って名古屋の軍需工場に行った三刀屋の学生さんのメモも、
混じっているのです。

創作でも事実でも史実でも、
そこに関わる人たちのことや、
その背景に存在する人々や、
存在しただろう人々のことを、
忘れない、置き去りにしない、と。
肝に銘じる。

高校生たちが旗をー!
作ってくれましたー!
なんて素敵!
西藤くんが「木次キッズ」と名付けておりました。


そして明日も、
またお稽古をいたします。

2018年8月6日月曜日

小休止、

ちょっと修行に。
瀧にうたれに。
合成写真ではなく、自前の肩幅でございます。


合成写真ではなく、
板垣ちゃんの撮影の腕が素晴らしいおかげ。


太陽、キラキラすぎますわね。
緑ってキレイでございますわ。
ほんとに。

2018年8月5日日曜日

雲南凜然グッドバイのお写真

雲南公演『凜然グッドバイ』のお写真を、
齋藤学さんが撮ってくださいました!
いつも本当にありがとうございますー!
facebookにもー!!



三刀屋高校演劇部の高校生たちとー!

お稽古始まりました、「木次線、その先へ」
三刀屋高校演劇部の高校生たちと、
その先輩の板垣ちゃんと瀧尻ちゃん。
東京からnoyRの実奈ちゃんにハタチ族の西藤くん。
そしてピアニカの内田さん、
みんなでお稽古はじまりました。
今日はお手紙を読んでくださる西村さんも稽古始めに来てくださって、
そして、美しすぎる駅長の南波さんも。


ギターが弾けたり、サックスが吹けたり、、、
高校生はすごいですわね。
そこに存在するだけで、なんていうんでしょうか、生命力が見えるというか、
稽古をしていくと少しずつ枠が取れていくというか、
変化していく過程が、とても面白いのでございます。
流れを説明しながらざっくりと
今日は始まりから終わりまで作りました。
実奈ちゃんは初対面だというのに何の違和感もなく馴染んでおりました。
実奈ちゃんの雲南ライフの始まりですわねー!





2018年8月4日土曜日

実奈ちゃんが木次にやってまいりましたー!

さてー!!!
実奈ちゃんが木次にやってまいりましたー!
さっそく木次ミルクコーヒーを飲む実奈ちゃん。
お稽古は明日からガンガンと進みますー!


そして今日の夜は、
出雲でダンスをしていらっしゃる高須賀さんとご飯を食べましたわん。
横浜出身で数年前に出雲に移住されたんですって!
お芝居の話をたくさんいたしました!
ラジオで観劇列車を宣伝してくださいました。
ありがとうございますー!


さて、明日から『木次線、その先へ』お稽古開始でございますー!

2018年8月2日木曜日

『木次線、その先へ』8月11日、12日ともに満席になりました

『木次線、その先へ』
8月11日、12日ともに満席になりました。
ご予約くださった皆様、本当にありがとうございます。
二日間ともに走りますわよー。
昨日はラジオのほうでも宣伝してくださいましてありがとうございます。

劇中に使う小さな小道具を、なんと三刀屋の演劇部の子たちが
作ってくれていると西藤くんから聞きまして、なんて素敵ー!
暑い日々が続きますが、お稽古がんばりましょー!