このブログを検索

2018年6月23日土曜日

荒馬の旅で、

以前に大変お世話になりました、荒馬の旅の田村さん。

『君ヲ泣ク』の東京、仙台公演の主催者でございました。
もともと黒テントにいらっしゃった役者さんなのですが、
今は「荒馬の旅」というユニットをやっていらっしゃいます。
今年の11月に横浜で公演する作・演出を担当することになりました。
いつもはダンス公演的なものが多いそうで、今回初の戯曲上演だそうです。

で、新作を書きましてそこに楽隊が登場するわけなのです。
少女にしか聞こえない楽隊。
生きているものにはみんな楽隊がついている。
と、その少女は言うわけなのですが、
台本を読んで田村さんが、

「今回、音楽を作ってもらうのはどうでしょうかね?」

え!?
作れるのですかっ!?

というわけで。
荒馬の旅で以前にも音楽を作ってくださった小二田茂幸さんと打ち合わせをしに、
先日、大久保に行ってまいりましたー。
ライブハウスをやっていらっしゃるので、そのスタジオにてー。


いろんなお話をしてもらいまして、
少女にしか聞こえない楽隊の音とはどんなものなのか、
果たして音そのものを作るべきなのか、
本当に音でいいのか、
聞こえない、というのをどう聞こえさすのか、
もしかしたら音そのものはないのかもしれない。
なんてことをたくさん、たくさんお話しました。
素敵ダンディの小二田さんです。
見えないようなものを掴む議論は楽しいでございます。

音になるまでにも、聞こえない音がある。

音も言葉も同じなのだなぁと。
言葉になるまでにもたくさんの言葉があるのと同じように。

荒馬の旅の詳細はまた後日アップいたしますー!

2018年6月19日火曜日

今後も用心を

目覚ましが鳴ったわけでもないのに、
ふと目が覚めて。
8時前か、と。
テレビから緊急地震速報。
ご冥福をお祈りします。
そしてどうぞ今後も用心を。
22日に大阪に一度戻ります。

2018年6月14日木曜日

西藤くん、帰る

朝からお稽古でございます。
早起きはスガスガしいでございますわ。
今日は「10万年トランク」のなかの2作品を集中的お稽古。
ふたつ続けての通しをいたしました。
ひとつが15分くらいなので、はじめからおわりまでで30分くらいでございました。
ひとつの作品30分と、ふたつの作品で30分とでは体の使い方も脳内も使い方も随分と違うようでして、そうなれば疲れ方もいつもとは違ってくるみたいでございます。

「10万年トランク」とともに、肉体を最高に駆使する土橋くんの「飛べ! 守護神」も上演いたします。あらぁ、1日にてんこ盛りじゃありませんか。
体が資本よ!



繊細なタフガイは稽古を終えて故郷へ。
荷物、たくさんでございますわね。
西藤くん!

がんば!

パッチワークス第5回本公演
「∩」(積集合)特設サイト公開中! 
詳細はこちら。
 https://patchworksmk.wixsite.com/seki-shugo 




島根県雲南市を拠点に演劇テーマパーク実現を目指し活動中。2015年、前代未聞である『365日公演』の挑戦を開始。観客が0になったらチャレンジ終了というルールのなか、大晦日の大千穐楽にはチェリヴァホール465席満席をこえる527人を動員した。2018年、どんな場所や環境でも芝居を行う〈どこでも劇場〉で、代表の西藤将人が日本全都道府県&島根全市町村ツアー。そして2019年、前回を超える365日公演を決行する。


跳べ、守護神!
脚本:土橋淳志(AMissingLink
演出:西藤 
「ビッグセーブをすればチームを救えるし、
 たった一つのミスで負けてしまうこともある。
 だからこそゴールキーパーは孤独だ」
引退しても毎朝のランニングを欠かさない元ゴールキーパー、藤川淳之介の前に突然現れた謎の男。 男から渡された紙袋の中には無くしたはずのグローブが。藤川の口から語られる最後の試合の真相とは?


『10万年トランク
/演出 樋口ミユ(Plant M) 
「どうも。旅人です。いくつかの物語をこのトランクから取り出してお話しましょう。詰まってるんです、この中に。はるか昔、地球で暮らしていた人たちの物語が」  
その男は旅の途中。
故郷の地球へと還る旅の途中。
宇宙船の汽笛が鳴るまでの間、
ほんの暇つぶしのオムニバスストーリー。

西藤くん、出現

「6月はどこにいますか。トランクの稽古したいんす」
「ああ、はぁ、その頃は東京ですわ」

というわけで、西藤くんが東京に出現しました。
二日間。朝からお稽古。
小道具と衣装を持って島根から東京。
バスに乗ると、とっても遠いでございます。
大阪から島根はバスで5時間くらいなのであっちゅうまなのですが、
島根ー東京となると、ええ……遠いですわー。 なのに朝9時から夜までお稽古。
元気でございますわね。良いことですわね。
ワタクシが寝坊しそうでございましたわ。
お帽子とコート、手作りだそうでございます。
そして靴は年季の入ったイイ感じのお靴。
6月24日に高知、7月1日に松山へ。
「10万年トランク」をちょっとお披露目だそうです。


「10万年トランク」はトランクを開けると物語が始まります。
どの物語が出てくるかは西藤くん次第。
全部でいくつあったかしら。
短編10本くらい? ちょっと増えて13本くらい?
始まりと終わりは決まっておりまして、
語られるトランクの物語は上演するたびに違うかもしれません。
でも今回はお披露目なので、短編のみをを2本くらいかしら?



お稽古で激しく動きまして、
年季の入ったお靴がぱっくり開きました。
15年も履いている大事なイイ靴だそうで……
大事に丁寧に履いてきたお靴だから。
ショックで崩壊です。


 ぱっくり……

15年も履いたんだものね。
大往生だわ。

パッチワークス第5回本公演「∩」(積集合)特設サイト公開中! 

詳細はこちらー!


https://patchworksmk.wixsite.com/seki-shugo

2018年6月7日木曜日

お誕生日公演とは良いものですわ

富岡プロデュースのお誕生日公演の楽日となりましたー。
お昼にサプライズを。


役者さんが自らお誕生日公演をするのってとても良いものだなぁと
思いましてよ。
うっかり忘れちゃうこともないしねー!

2018年6月6日水曜日

明日は富岡プロデュースの初日、すむぞう 外苑前スタジオまでの行き方

仕込みに行って参りましたー。

第3回富岡英里子プロデュース
Happy Birthday to me 公演でございます。
ワタクシは受付嬢でございます。
チケットは完売しておりますー!
 

とみさんと、作・演出の上村ちゃん。


3人でご飯を食べたあとに、闇女会というライングループが作られました。
命名、とみさん。
なぜ闇女……?

「3人とも闇が深いから❤️」

だそうでございます。

ふたりは「88生まれの女たち」という映像演劇創作ユニットメンバーでございます。
メンバー6名の女子はみんな88年生まれというユニットだそうです。

「やー、なんかね、88年生まれの女子、変わってるんですよ」

と、とみさんが言いまして、

えー……ほんまに? 
と思ってふと横をみたら。
noyRの実奈ちゃんがいて。
ああ、そういえば実奈ちゃんも88年生まれ。
納得いたしました。

そしてシュガーさん。
お手伝いありがとうですー!

 
すむぞう 外苑前スタジオまでの行き方は、
とみさんがブログにUPしてはります!
駅からすぐでございます。

https://ameblo.jp/z-nochi26/entry-12381588796.html

第3回富岡英里子プロデュース
Happy Birthday to me 公演

「 里 」
作・演出 上村奈帆(88生まれの女たち)

30 歳になるそのときは、
あなたの友達でも先輩でも後輩でも同僚でも家族でもなく
役者として舞台に立っていたいから。
―――――富岡英里子
 
日程 2018年6月6日(水)15時 / 20時
           2018年6月7日(木)15時 / 20時
         全4公演予定
 
場所 すむぞう 外苑前スタジオ
           銀座線外苑前駅3番出口徒歩2分
           東京都港区北青山2-9-17
 
座席 全席自由席 
 

 
投げ銭
 
出演
和田光沙
金田侑生(劇団HYP39Div.)
大木 実奈(noyR)
富岡英里子(88生まれの女たち)
 
スタッフ

音響アドバイザー 佐藤こうじ(SugarSound)
照明アドバイザー 横原由祐 
チラシ写真 野口高遠
チラシデザイン 石高由貴(88生まれの女たち)