このブログを検索

2018年4月8日日曜日

役者紹介 ゲストさん 岸本昌也さん

本日のゲストさんは岸本くん。
アカデミーの同期でございます。
Plant Mでもノイルでもお世話になっております。
先月は『祭礼』でもお世話になりました。
そして今回もお世話になります。
ありがとう。
きしもんが衣装を着まして、
こ、これは、テロリストでございましょうかっ!?

が、しかし。
お稽古が始まると、またもや想像劇場が始まりました!
テロリスト、じゃなくて・・・
・・・医者か?
センさんと医者と患者の関係から恋に落ちた、みたいな。
寄り添ってくれる男の人に見えました。
きしもんは少々何があっても動じません。
体をまるごと物語に投入する。
だから動じないのであります。
きしもんが台湾土産をくれましたー!!
なぜにワタクシが好きなものを知っているのでしょうか。
ナッツにドライフルーツ!
ありがとうございますー!!!

そして今日は音響のシュガーさん登場。
通しのあとに、スタジオへ!
お稽古をしてヘトヘトになっていることをうっかり忘れておりましたところ、
シュガーさんがお手製のカレーライスを振舞ってくださいました。

「食べてから録音しましょう」

ステキング!
そのほうが絶対効率がいいですものね。
カレーを食べると、ああ、お腹が空いていたんだなぁと実感いたしました。
煮込んでお肉とか、ああ、大変美味しゅうございました。
カレーがでてくるなんて・・・
ありがとうございます。

とみさん激写。

岸本くんのゲストの回は初日でございます!

「凜然グッドバイ」横浜公演


あらすじ
はるか未来。窓から見える空にはもう誰も住んでいないだろう地球が見えるくらい、
未来のこと。
デモはある朝、恩師である「セン」の死を知った。
知らせが来たのではない。
いま、ひとりの詩人がこの世から消えた、と感じたのだ。
恩師である「セン」に別れを言いに、デモは雨の中やってきた。
人間らしくなかった「デモ」を、ひとりの人間にしてくれたのは「セン」だった。
獣のような少女と、自分の可能性に絶望した詩人の、
センとデモの二人の女性の成長の物語。
 
出演
デモ 大木実奈(noyR
セン 富岡英里子(88生まれの女たち)
男 (日替わりゲスト)
 
日時 2018年 
12日木曜日14時 岸本昌也
      19時30分 橋本昭博(MoratoriumPants
 
13日金曜日14時 丸山英彦(デス電所)
                   19時30分 日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
 
14日土曜日14時 金田侑生(HYP39Div.
                   19時30分 大間知賢哉
 
15日日曜日13時 渡邉時生(屋根裏ハイツ)
                   17時 瀧腰教寛
 
場所 若葉町WHARF
 
チケット※お席に限りがございます。ご予約はお早めに!!
平日昼間割2000
前売り3000
当日3500
予約フォーム シバイエンジン
 
高校生以下前売り当日ともに500円(高校生チケットのみ、plant.miyu@gmail.comまで。お名前、観劇日時、人数を記入してください)
 
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。

0 件のコメント: