このブログを検索

2017年12月25日月曜日

富岡英里子 とみさん

とみさんです。
去年はとみさんの富岡英里子プロデュースでご一緒いたしました。
キャスティングが決まった時に、
おお、とみさんがいるっ!
と驚きまして。
noyRのキャスティングはプロデューサーのつんさんの采配でございます。
それもnoyRの楽しみのひとつだったりします。
パッと華やかな空気をまとっております。
ちゃきちゃきした空気もまとっております。
でもたまに、ドジっ子の空気も醸し出したりしております。

「ひぐさんも結構おっちょこちょいなの、私知ってますよ」

と、よく人のことも見ております。
そして言葉に敏感。
なんでこの人物はこんなことを言うのだろうかと敏感。
なぜ自分はこんなふうに感じるのだろうかと敏感。
だから人が投げかける言葉をがっつり受け取る。
舞台の上でやりとりする言葉をすかさずキャッチする。
受け取るミットがしっかりしているんだと思う。
今回は、ニーナ1。
オリジナルニーナ、ニーナ1、ニーナ2、ニーナ3と、
4人のニーナが出てまいります。
そのうちの、ニーナ1。
ニーナたちの会議の中で、一番自由に好き勝手なことを言ってそうで、
なのにとみさんが演じると受け取るミットのおかげで、
実はニーナ会議をまとめていたりするのであります。
全体の大きな流れを、自然と担うのであります。
おお、ミット力。
それは今回発見したとみさんの一面であります。

0 件のコメント: