このブログを検索

2017年9月25日月曜日

はっっっ!!!

気がつけば!!!
もう9月が終わろうとしているではありませんか!!!

夕ごはんかわりに、甘栗を食べます。
また栗ですか? と聞かれます。
ええ、栗です。
ご飯粒を食べるとどうも眠気に襲われますので栗にしております。
それは血糖値スパイクだよ、と友人に教えてもらったことがあります。。。
なあに、血糖値スパイクって、、、
ガーンと急激に血糖値が上がって血管がキズつくらしく、、、お、恐ろしいわね。
だから、栗かナッツ。
そうしたら赤松さんがナッツをくれました。
非常食にいたします。
稽古が終わってお家に帰ってから、やっと粒のご飯を食べると急激な眠気に負けて、そこらへんで眠りに落ち、明け方に目が覚めてお風呂に入るという、、、

え、、、これは、朝風呂といっていいの?

唐組・第60回公演
「動物園が消える日」
作=唐十郎
演出=久保井研+唐十郎

「動物園が消えないでいるのは、それは、あなたの頭の中にあるその灯が消えないからです。その灯は、もうみんなの目には消えているのに、あなたが火種であるばかりに次々と点火されます。あたしが、そのあなたにすべきことは、そのように申し渡され、勤めたのは、これで最後という切符を一枚、あなたに渡すことでした……。」
今秋、紅テントがお贈りするは、唐的ウルトラセンチメンタルストーリー!!

[役者陣]
久保井研/藤井由紀/赤松由美/岡田悟一/清水航平/福本雄樹/河井裕一朗
福原由加里/大澤宝弘/川口徹治/加藤野奈
全原徳和/重村大介/熊野晋也/樋口ミユ/大鶴美仁音/藤本沙紀/毛利悟巳

 [公演場所・公演日程] ※週によって公演曜日が異なりますのでご注意下さいませ。

(JR「御茶ノ水」駅より徒歩10分、東京メトロ半蔵門線/都営三田線「神保町」駅より徒歩6分)
2017年10月       
                         7日(土)    8日(日)
13日(金)14日(日)15日(日)
 20日(金)21日(土)22日(日)

●  雑司ヶ谷・鬼子母神
(「池袋」駅・都電荒川線「鬼子母神前」駅・副都心線「雑司ヶ谷」駅下車)http://goo.gl/maps/FLs8W
2017年10月28日(土)29日(日)
11月3日(金)4日(土)5日(日)

●静岡=駿府城公園 富士見広場
(JR「静岡」駅北口より徒歩15分、県庁裏の二ノ丸橋を渡り左手。坤櫓(ひつじさるやぐら)前)
2017年11月11日(土)12日(日)

問合せ=紅テント静岡公演を応援する会 
チケット取扱所=TSUTAYAすみや本店、サールナートホール、水曜文庫

●金沢=金沢市民芸術村・憩いの広場 特設紅テント
11月17日(金)18日(土)
金沢前売り開始 10月1日(日)
問合せ=金沢泉鏡花フェスティバル委員会
(事務局:金沢市文化政策課内)

チケット取扱所=唐組 03-3330-8118
チケットぴあ Tel 0570-02-9999
(Pコード457-005)
イープラス http://eplus.jp/karagumi/
シバイエンジン

[入場料] 前売券3,500円 当日券3,600円
  学生券3,000円(劇団でのみ販売)当日受付で学生証をご提示下さい。
※入場整理券(前売券と引き換え)及び当日券は、午後2時より受付にて発行致します。
※独立した幼児以外の幼児は入場をご遠慮下さい。

問合せ=唐組 
☎/Fax03-3330-8118
(緊急連絡先 
☎090-4675-8033)

雨天決行
[前売開始] 9月10日(日)

[スタッフ] 
絵=大鶴美仁音
作曲=安保由夫
宣伝美術=及部克人
データ作成=海野温子
舞台美術=清水航平
照明=福本雄樹
衣装=赤松由美
音響=岡田悟一

[協力] 
株式会社インターアートコミッティーズ(IAC)
明治大学文学部
劇団唐ゼミ
シバイエンジン
稲荷卓央
辻孝彦

発行日=2017年8月31日
発行人=涙十兵衛
発行所=劇団唐組
[問合せ]
問合せ=唐組 
☎/Fax03-3330-8118
情熱あるものは、門をたたけ
一般社団法人劇団唐組〒165-0034 東京都中野区大和町4-3-9 
唐組公式情報 http://s.ameblo.jp/karagumi
唐組広報ツイッター http://twitter.com/karagumi_pr

[物語]
この夏閉園になった、金沢の動物園「サニーランド」。そこでは、空を恐がるミーアキャット、三角関係のゴリラ、そして月光を背負う2トン半のカバ・ドリちゃんが飼育されていた。
舞台は東京のとあるビジネスホテル。
「サニーランド」のもぎり娘から、女興信所員になったサム・スペードは、ナースになったチキータ、主婦をかたる万引き常習犯なってしまったオドら、かつてのもぎり仲間たちを追跡してこのホテルへ来た。四人娘のうちの三人で再会するサムだが……。
一方、かつての飼育係たちもこのホテルを訪れる。その一人、新夜は、最後の仕事を終えてもまだその匂いを落とすことができない。さすらいの飼育係・灰牙のことが気になっていたからだ。灰牙は、ひいきにしていたカバのドリちゃんを残して、閉園前に姿を消したのだった。
つかの間の再会のあと、動物たちを忘れられないまま、それぞれの生活をはじめようとする面々。
そこへ、もぎり娘の最後の一人、夜間飛行の香水をたなびかせるオリゴがロビーに現れると、さすらいの飼育係・灰牙が登場、高らかに宣言する。
「ドリちゃんは、204号室にいる!」
----動物園が消えないでいるのは、それは、あなたの頭の中にあるその灯が消えないからです
消えたはずの動物たちが殺到するラストシーン、そこに飼育係たちが見たものは果たして何か!?17年ぶりの再演です!



iPhoneから送信

0 件のコメント: