このブログを検索

2015年5月7日木曜日

2-夢の発展はあり得るのか?


2―――夢の展開はあり得るのか?

 

黒田 どういうこと?

佐々木 そもそもね、俺はね。誰かと一緒に、理想や未来を語ったり、夢を見たりすることが、最近ね、出来ないって、難しいって思っていて。みんなはどうなのかなって。

黒田 確かにそれはいないかも。

佐々木 でも、劇団やってるじゃないすか。

樋口 それは同じ夢のもと?

黒田 まぁ、そう、なるかも、ね。

佐々木 桜井くんは?

桜井 今の夢を一緒に見るヤツ? うん、いますよ。一緒にいるヤツじゃなくて、こう、点、点とね。そういうヤツらと点と線で繋がってるみたいな。

黒田 私が、ああこの人、職人だなって思う人は、みんなひとりやな。

樋口 職人やからな。

黒田 だからやっぱり、私もひとりなんだろうなって気がする。

佐々木 桜井くんの、点で繋がるっていうのは面白いね。

桜井 ああ、でも、俺も、一緒に夢みたいヤツは、ひとりが多いな。

樋口 なんで一緒に夢を見るのは難しいの?

佐々木 例えば、劇団でいうと、役者と演出家の、ふたつの道が出来ちゃうみたいな。仕事がそれぞれあったりして、もとは同じ旗のもとに集ったのに。その時どうやって繋いでいくかって、同じ方向見ていられるのかなって。どうやったらそれが、叶うのかなって。

黒田 TAMHIMは? 一緒に夢を見てるの?

0 件のコメント: