このブログを検索

2014年7月15日火曜日

うんこが金になったらすごいと思う


『リアリティのダンス』を観たんですの。
すごくすごく観たくて観たんですの。
その前の日には、『ホドロフスキーのDUNE』をすごくすごく観たくて観たんですの。
 
あなたは何に感動するんですか、という質問を最近されまして。
魂がぶるぶるするものでしょうかと頭の悪い答えをしました。
語彙力よ、オラに力を!
 
さて映画は好きだけど、
映画オタクじゃないから監督の誰それのナニナニがどう、
とかはよく知らない。
それでも『ホドロフスキーのDUNE』は面白かった。
あ、これはあの映画に繋がるのか!! とか。
あああ、これはエイリアンじゃないですか!! とか。
2、3年前にアンカルとかいう漫画を、わぁわぁすごーい、と思っていたら、
このシトと漫画のメビウスさん(DUNEの製作アーティスト)だった!
誰が創った、という予備知識はなくても、
好きなものは手に取るようになっているのでございますわね。
好みってヤツをあなどっちゃいけないなと思うのでございます。
ブルーとイエローのコップのどちらかを手に取ったとき、
なんでイエロー取ったんだろうかと考え込むのです。
選択する時に、目的と使命と、ほんのちょっとの好みが入るような気がして。
なんで親が用意した服でなくて、
自分が選ぶ服を着てしまうのは、
なぜなんでございましょうな。
人は何で創られているんだろう、と。
考え込むのでございます。

ほんでもって懐かしい友人からfacebookのメッセージが届きまして。
「俺の息子、演劇部やねん。去年、講師してたやろ」と。
確か打ち合わせかなんかで、お家にお邪魔して、
おおおお、一緒にお家で恐竜図鑑を見て遊んだあの子が!!
あれはいくつだったのだ!?
幼稚園?
それがもう高校生とな!!
光陰矢のごとしでございます!!

0 件のコメント: