このブログを検索

2014年7月17日木曜日

5分でも行きます。

アカデミーの子たちと、企画会議をしておるのでございますよ。
もともとは、小嶋くんと琢さんとワタクシがゆるゆると話し合っておりまして、
のんびりな3人でいろーんなことを議論して、
ほんでもって、宮尾さんとニノと高田くんが集まって、
それがもうすぐカタチになったらまたご報告。

高田くんは4期生で、在学している時はそないに知り合いではございませんでしたの。
昨日、会議のさなかにハッとしまして。
いつだったかの、4期生の発表を観に行った時に、
すごーいおもしろい人がいるって釘付けの役者さんがいはったのです。
その人の名前とか憶えてなかったけれど、
ハッ、ハッとね、昨日繋がりました。
あれ、高田くんだった!!
DUNEの時も思ったけど、知らなくても好きなことってあとで繋がるのだー!
そんな高田くんは、昨日の滞在時間は30分。

「20分でも、30分でも、短くてもやっぱ会うっていいですよね」

みんなで、うん、そうそう、うなづいて、

宮尾さんも、

「高田くんスゲーんだよ。ちょっとでも絶対来るんだ。尊敬する」

というわけで、

高田くんのキャッチコピーは「5分でも行きます」にしたらいいと思う。

「5分でいいから来て!」

ということって、人生で結構言うような気がするから。

5分でも来る高田。
すげく頼りになる感じがするんでございますよ。
しかしバリバリに割れたipadには哀愁が漂います、高田くん。


0 件のコメント: