このブログを検索

2014年3月15日土曜日

たまにテレビにイラっとする。

11日のテレビは、被災地の今をうつす。
忘れないためにうつす。

忘れない、忘れない、忘れないメッセージをどんどん押し出してうつす。
テレビは、べつにそれでいい。
そういうのが、テレビ。
生活の背景になっている。
なんとなくつけっぱなしで流れている。

でも。
あんなにあんなにあんなにあんなになると。

忘れていませんから。

と、言いたい。

誰が忘れるんだ。

と、言いたい。

それから忘れたい人もいるだろう。

とも言いたい。

忘れたい人は、忘れられないから忘れたいと口にする。

誰も忘れられない。
でも忘れる。
人間は忘れる。
だから、
「此処より下に家を建てるな」
という石碑がある。
でもそれを忘れる。
人間は忘れる。
11日だけのことに限ったことじゃない。
全てを忘れる。
技術は進歩するけど人間は進化しない。
テレビに言われるまでもない。

忘れるから忘れないでいるんだと、自分に言い聞かせればいい。
ずっとずっと。
自分で忘れないでいる、そうするんだと、決めればいい。
決めた人が増えればいい。
テレビのバーカ。

0 件のコメント: