このブログを検索

2014年2月13日木曜日

ひたすら、通す。

音響さんがやってきて、
音を出してくださいました。
あそこをもっと、
ここをもうちょいこう。。。
なんて要望を、とても丁寧に考えてくださいます。ありがとうございます。
少女たちは毎日、ひたすら通すのでございます。全体を通して見えてくるもの。
幕があがったら降りるまで終わらない。
どうしたら毎回ファーストタイムになるかな。お芝居てものは不思議だな。
あらゆることを事前に準備しているのに、そこで生きることはいつだってファーストタイムなのだ。
通すたびに発見がある。
発見があるから、楽しい。
楽しいから、やめられない。
やめられないから、
とりあえず生きてられるのだと思う。

0 件のコメント: