このブログを検索

2012年10月22日月曜日

新屋英子さん!

さて、11月3日文化の日に、カフェ+ギャラリーcan tutku主催の公演がございます!
芸の真髄シリーズ第一弾!

新屋英子ひとり芝居『身世打鈴』

新屋さんは以前にワタクシがNHKのFMシアターで脚本を担当した『万太郎ショージ』に
出演してくださったことがありまして、それを店長の出口嬢に言うたところ、
「高校生のころ、学校で観た芝居がものすごかった!いつかカフェでしてもらえたらええなぁ」
と言うたことからこの企画は動き出したのでございます!
そうして今回実現することになりました!

新屋さんは山田次監督の『学校』、『ジョゼと虎と魚たち』、『お父さんのバックドロップ』
『パッチギ!LOVE&PEACE』、『ぐるりのこと』などの映画にも出演されていらっしゃいますの。
今回上演していただく『身世打鈴』は上演回数2000回を超えているという。
『身世打鈴』の初演は喫茶店だったそうです。
だって来年40周年記念ですもの!
路上やトラックの荷台でも上演したという。
芸の真髄でしょ!?

その新屋さんが『Aftershock』を観に来てくれはりました!

「わたし、芝居しかありませんねん」

と笑う。すっごいすっごい先輩にまた出会うことが出来てとてもうれしい。

チケット予約はこちらから!

http://plant-m.jimdo.com/home/can-tutku-program/





0 件のコメント: