このブログを検索

2011年6月29日水曜日

台本ノートその2

シュッと、マッチのこすれる音。
              火薬の匂いがする。
              さきほどの若い男が、ランプに火を灯す。
              風が吹いても消されることがないような、
              しっかりしたランプ。
              若い男はぐるりと空間を見た。
              そこに。
              寝台がひとつ。
              その上に、真白な布に包まれたものが横たわっている。
              若い男がそれをじっと見ている。
              やがて、若い男はその真白な布をはらりと解いた。

「なに見てるんや」

              若い男は息を詰める。

「なに見てるんや」

              若い男は一度、ごくんと咽を鳴らした。
              ランプの灯り。
              目を凝らしてみる。
              うっすらと、見える。
寝台の上には涅槃の男。
              くっちゃくっちゃと、何かを噛んでいるような
              不愉快な口の音。

「なに見てるんや、ちゅうてんねん」

0 件のコメント: