このブログを検索

2011年5月16日月曜日

もう5月半ばじゃないですか。

あっというまに。
いろいろあって、それでもワタクシ、ガンガン元気でございます。
丈夫でなによりでございます。
皆様、世の中って素敵でございますねぇ。
ところで世の中で怖いものって、人それぞれでございますよね。
世の中で怖いもの、ワタクシのNo1は、

ズバリ幽霊。

生身の人間は、「怖い」ではなく「恐ろしい」ので、ここには分類されません。

夏がくればテレビも心霊特集をしてくれることでしょう。
ねぇ、心霊特集。

怖いですね。
でも見たいですね。
見れば必ずその夜はうなされます。

なぜにこんなに幽霊が怖いのか。
霊感?
これっぽっちもございません。
心霊スポットにいったってザワザワ何も感じません。
霊感、皆無。
だから怖い。

見えたら怖くないんでしょうきっと。
だって、ねぇ。
「見える」という霊感が強い人は怖がらないもんです。
涼しい顔して、「あー、いるね」
とか言うんです。

なんですか、あの時の普通感。
それが余計に怖さを連れてくるもんなんです。

この恐怖感はすべて、子供時代に欠かさず見ていた
「あなたの知らない世界」の影響だと思っとります。

皆様、怖くないんですか。
だって信じないもーん、と皆様おっしゃいます。
でも見えないのにいないって断言できます?
いるとも断言できませんが。

それって天国と地獄を信じるか信じないか、みたいなことでしょうか。

言っちゃいましょうよ、皆様。
本当は怖いでしょう?

0 件のコメント: